Logic Pro X: RingshifterのLFOモジュレーション

RingshifterのLFOモジュレーション

オシレータセクションの「Frequency」パラメータと出力セクションの「Dry/Wet」パラメータは、LFOとエンベロープフォロワーでモジュレートできます(エンベロープフォロワーでモジュレートについては、Ringshifterのエンベロープ・フォロワー・モジュレーションを参照)。オシレータの「Frequency」では0 Hz付近までモジュレーションできるため、オシレーションの方向も変更できます。LFOは連続的で反復的な制御信号です。

図。RingshifterのLFOパラメータ。

RingshifterのLFOパラメータ

  • 「Power」ボタン: LFOのオン/オフを切り替えます。オンにすると、以下のパラメータを使用できます。

  • 「Symmetry/Smooth」スライダ/フィールド: LFOの波形を変更します。

  • 波形ディスプレイ: LFOの波形の変化が表示されます。

  • 「Rate」ノブ/フィールド: LFOの波形周期(速度)を設定します。

  • 「Sync」ボタン: LFOレートをプロジェクトテンポに同期します。音価単位で設定できます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?