Logic Pro X: ES2のパルス幅変調を使用する

ES2のパルス幅変調を使用する

波形パルスの幅を任意の値に設定することで、矩形波形の音色を変化させることができます。これは、パルス幅変調と呼ばれます。

ES2のパルス幅変調機能は非常に多彩です。たとえば、すべてのオシレータに対して矩形波を選択した場合、オシレータ1のパルス波、オシレータ1に同期したオシレータ2のパルス波(またはオシレータ2のリングモジュレーションで生成された方形波)、およびオシレータ1に同期したオシレータ3のパルス波を同時にモジュレートできます。

図。オシレータ2のPWM。

オシレータ2または3の基本パルス幅を設定する

  • 波形ノブの周りの波形ロータリーコントロールをドラッグします(上の図の強調表示された領域を参照)。

    パルス幅の変調前に基本(デフォルト)パルス幅を設定できるのは、オシレータ2および3だけです。

ルーターでオシレータ1のパルス幅変調を設定する

  1. オシレータ1で矩形波を選択します。

  2. ルーターで、ターゲットとして「Osc1Wave」、ソースとして「LFO1」を選択します。

  3. 変調量スライダを調整します(値を0.12にしてみてください)。

  4. LFO 1に対してサイン波を選択します。

  5. 「LFO 1」の「Rate」を調整します(0.160 Hz当たりにすると、ゆったりとした快い揺れが得られます)。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?