Logic Pro X: Vintage B3のMIDI設定の概要

Vintage B3のMIDI設定の概要

音源の中でVintage B3が特にユニークなのは、73鍵のMIDIキーボード2台とMIDIバスペダル装置という3台のコントローラを同時に使って演奏できるという点です。これは、実機のB3が備える73鍵の鍵盤2台(オルガンの用語ではキーボード)と2オクターブのペダル鍵盤の構成を反映しています。詳しくは、複数のコントローラまたはマルチ・チャンネル・コントローラを使用するを参照してください。

もちろん、標準の61鍵(C-Cの5オクターブ)のMIDIキーボード1台だけでも演奏は可能です。詳しくは、シングル・チャンネル・コントローラを使うを参照してください。

Vintage B3はB3のプリセットキーもエミュレートしており、MIDIキーボードの低音部1オクターブ分をその設定の切り替えに使えるようになっています。これは、上下の鍵盤の左端に黒鍵と白鍵が反転した1オクターブ分の鍵盤が付いている実機のB3と同じ機構です。色の反転したキーは、あらかじめ登録しておいたドローバー設定を呼び出す(切り替える)ためのボタンの役割を果たします。Vintage B3のプリセットキーを使用するを参照してください。

専用のMIDIドローバーコントローラの設定と使いかたについて詳しくは、Vintage B3のMIDIコントロールモードを選択するを参照してください。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?