Logic Pro X: Vintage B3のサスティンコントロール

Vintage B3のサスティンコントロール

シンセサイザーでは、キーを放してから音がしだいに弱まり消えるまでの時間をリリース時間と呼びます。Vintage B3にもこの時間を調整するパラメータが、オルガンの用語に従って「サスティン」(Sustain)という名前で用意されています。

サスティンのパラメータ

  • 「Upper Manual」スライダ: 上鍵盤のレジスタのサスティン(リリース)フェーズを設定します。

  • 「Lower Manual」スライダ: 下鍵盤のレジスタのサスティン(リリース)フェーズを設定します。

  • 「Pedals」スライダ: ペダルレジスタのサスティン(リリース)フェーズを設定します。

  • 「Sustain Mode」ボタン(「コントロール」表示のみ): クリックしてサスティンの動作を選択します:

    • smart: 次のノートを弾いた時点で前の音のサスティンフェーズを打ち切ります。

    • normal: サスティンフェーズをポリフォニックにします。次の音を弾いても前の音はすべて持続します。

    注記:「normal」モードではサスティン時間が長いと不協和音が生じることがありますが、「smart」モードにするとバスレジスタを含めてこの現象を回避できます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?