Logic Pro X: Velocity ProcessorのComp./Exp.モード

Velocity ProcessorのComp./Exp.モード

「Comp./Exp.」モードにすると、Velocity Processor MIDIプラグインはオーディオコンプレッサーのように機能します。

図。Velocity ProcessorのComp./Exp.パラメータ。

Comp./Exp.モードのパラメータ

  • 「Threshold」ノブ: ベロシティの値を設定します。受信したベロシティのうち、このしきい値を上回るベロシティは処理されます。ベロシティの値がしきい値を下回るMIDIノートは処理されずに通過します。

  • 「Ratio」ノブ: しきい値を上回る値を圧縮/伸張するときの傾斜を設定します。処理には「ソフトニー」特性が使用されます。

    • 1よりも小さい値を設定すると、受信したベロシティの値が伸張されます。

    • 1よりも大きい値を設定すると、受信したベロシティの値が圧縮されます。

  • 「Make Up」ノブ: 圧縮/伸張による全体的なベロシティの増減を補正するためのベロシティオフセットを設定します。ベロシティオフセットには正の値と負の値のいずれかを指定できます。また、ベロシティオフセットは受信したベロシティの値に対して加算または減算できます。

  • 「Auto」(Gain)ボタン: 「Make Up」ノブで設定した最大のベロシティ・リファレンス・レベルを自動的に適用します。

    注記:「Auto」ボタンを有効にすると、「Make Up」ノブの機能が変わります。「Make Up」ノブでは、ベロシティオフセット値ではなく、最大のベロシティ・リファレンス・レベルが設定されます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?