Logic Pro X: Vintage B3のマイクのパラメータ

Vintage B3のマイクのパラメータ

Vintage B3には、レスリーキャビネットの音を拾うためのバーチャルマイクが用意されています。マイクのパラメータを使って、リスニングポジションを設定できます。

図。Vintage B3の「Rotor Cabinet」で「Real Cabinet」が選択されているときのマイクパラメータ。
図。Vintage B3の「Rotor Cabinet」で「Real Cabinet」以外が選択されているときのマイクパラメータ。

マイクのパラメータ

  • 「Mic Position」スイッチ: バーチャルマイクを正面(Front)に置くか背面(Rear)に置くかを選択します。

  • 「Type」ポップアップメニューで「Real Cabinet」が選択されている場合:

    • 「Horn」ノブ/フィールド: ホーン・デフレクタ・マイクのステレオ幅を指定します。

    • 「Drum」ノブ/フィールド: ドラム・デフレクタ・マイクのステレオ幅を指定します。

  • 「Type」ポップアップメニューでその他のキャビネットが選択されている場合:

    • 「Distance」ノブ/フィールド: エミュレートされたスピーカーキャビネットからバーチャルマイク(リスニングポジション)までの距離を設定します。右に回すと暗くぼやけた音になります。

    • 「Angle」ノブ/フィールド: バーチャルマイクの角度を0°-180°の範囲で変えることにより、音の立体感を調整します。

  • 「Balance」ノブ/フィールド: ホーンマイクとドラムマイクの信号のバランスを設定します。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?