Logic Pro X: Vintage Electric Pianoの概要

Vintage Electric Pianoの概要

Vintage Electric PianoはさまざまなRhodes、Wurlitzer、Hohner Electra Pianoのサウンドをシミュレートします。RhodesのモデルおよびHohnerとWurlitzerのモデルを参照してください。

Fender Rhodesピアノの独特の音色は、20世紀後半に表れたキーボードサウンドの中でもとりわけ有名です。ポップス、ロック、ジャズ、ソウル、さらに最近はハウスやヒップホップといった幅広い音楽スタイルで、さまざまなRhodesモデルが使われています。1970年代、Rhodesと並んで人気があったのがWurlitzerです。

Vintage Electric Pianoのサウンドエンジンは、コンポーネントモデリング合成技術を使って、エレクトリックピアノの音を限りなくリアルに再現します。全88キーにわたるサウンドのダイナミクスとスケーリングは非常に滑らかです。コンポーネントモデリングでは、サンプル間での急激なサウンドの変化も、サンプルのループも、ノートの減衰時のフィルタエフェクトもありません。

Vintage Electric Pianoはオリジナル楽器の物理特性もシミュレートします。これには、エレクトリックピアノのリード、トーンピン、およびトーンバーの動作と、ピックアップの電界や磁界が含まれます。また、オリジナル楽器のアタックフェーズの響き、打音、ベル風のトランジェントに加え、ハンマーアクションおよびダンパーノイズもエミュレートします。

内蔵エフェクトには、クラシックなイコライザ、オーバードライブ、ステレオフェイザー、ステレオトレモロ、ステレオコーラスがあります。これらはエレクトリックピアノのサウンドでよく使用されるエフェクトです。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?