Logic Pro X: ES Pの内蔵エフェクトプロセッサ

ES Pの内蔵エフェクトプロセッサ

ES Pには、ステレオコーラスおよびオーバードライブのエフェクトが組み込まれています。これらは、1980年代のシンセサイザーによく見られたエフェクトプロセッサを基にしており、ES Pもそれをエミュレートしています。

図。エフェクトパラメータ。

ES Pのエフェクトパラメータ

  • 「Chorus」ノブ: 内蔵コーラスエフェクトの度合い(深さ)を設定します。

  • 「Overdrive」ノブ: シンセサイザーの出力にかけるオーバードライブ/ディストーションのレベルを設定します。

    重要:聴覚やスピーカーに損傷を与えることを避けるため、「Overdrive」に大きい値を設定する前に「Volume」レベルをいったん下げ、その後レベルを徐々に上げるようにしてください。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?