Logic Pro X: Compressorの概要

Compressorの概要

Compressorは、プロ向けのいくつかのコンプレッサー並みのサウンドとレスポンスをエミュレートします。一定のしきい値を超える音を低減させ、ダイナミクスをスムーズに調整して、全体の音量(聴感上のラウドネス)を上げることで、タイトなサウンドが得られます。トラックやミックスの弱い部分を消してしまうことなく、重要なパートにフォーカスできます。ミキシングにおいて、おそらくEQに次いで最も多種多様な使いかたができるサウンド加工ツールです。

Compressorを、ボーカル、楽器、エフェクトなどの個々のトラックで使用することも、ミックス全体で使用することもできます。Compressorは、通常はチャンネルストリップに直接挿入しますが、Auxチャンネルや、信号パス内のほかの場所で使用することもできます。

図。Compressorウインドウ。

インターフェイスは2つのメイン領域で構成されています:

  • 「Main」パラメータ: インターフェイスの大部分に、メーターと、「Threshold」、「Ratio」、「Knee」、「Attack」などのコントロールがあります。Compressorのメインパラメータを参照してください。

  • 「Output」または「Side Chain」パラメータ: インターフェイスの右側は、2つの別々のパラメータのグループが共有しています。「Side Chain」ボタンまたは「Output」ボタンをクリックすると、それぞれのグループのパラメータを表示および使用できます。Compressorの出力パラメータおよびCompressorの「Side Chain」パラメータを参照してください。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?