Logic Pro X: Arpeggiatorのノート順序のバリエーション

Arpeggiatorのノート順序のバリエーション

以下の表に、「Variation」スイッチの4つの位置に応じたノート順序プリセットにおけるArpeggiatorの動作の概要を示します。

ノート順序

Variation 1

Variation 2

Variation 3

Variation 4

アップ

一番低いノートから一番高いノートへ順番に演奏され、すべてのキーが演奏されると再び始めから演奏されます。

2番目のステップが最初に演奏されます。このバリエーションは4つのステップで構成されています。押されたすべてのキーは4つのグループに分割され、すべてのグループにノート順序が適用されます。ノートの数が4つに満たない場合、キーが割り当てられていないステップはスキップされます。すべてのキーが演奏されると、再び一番低いノートからアルペジオが演奏されます。

3番目のステップが最初に演奏されます。このバリエーションは4つのステップで構成されています。押されたすべてのキーは4つのグループに分割され、すべてのグループにノート順序が適用されます。ノートの数が4つに満たない場合、キーが割り当てられていないステップはスキップされます。すべてのキーが演奏されると、再び一番低いノートからアルペジオが演奏されます。

このバリエーションは3つのステップで構成されています。ノートは低い音から高い音に向かって、重複して演奏されます。押されたすべてのキーは3つのグループに分割され、すべてのグループにノート順序が適用されます。ノートの数が3つに満たない場合、キーが割り当てられていないステップはスキップされます。すべてのキーが演奏されると、再び一番低いノートからアルペジオが演奏されます。

ダウン

一番高いノートから一番低いノートへ順番に演奏され、すべてのキーが演奏されると再び始めから演奏されます。

2番目のステップが最初に演奏されます。このバリエーションは4つのステップで構成されています。押されたすべてのキーは4つのグループに分割され、すべてのグループにノート順序が適用されます。ノートの数が4つに満たない場合、キーが割り当てられていないステップはスキップされます。すべてのキーが演奏されると、再び一番高いノートからアルペジオが演奏されます。

3番目のステップが最初に演奏されます。このバリエーションは4つのステップで構成されています。押されたすべてのキーは4つのグループに分割され、すべてのグループにノート順序が適用されます。ノートの数が4つに満たない場合、キーが割り当てられていないステップはスキップされます。すべてのキーが演奏されると、再び一番高いノートからアルペジオが演奏されます。

このバリエーションは3つのステップで構成されています。ノートは高い音から低い音に向かって、重複して演奏されます。押されたすべてのキーは3つのグループに分割され、すべてのグループにノート順序が適用されます。ノートの数が3つに満たない場合、キーが割り当てられていないステップはスキップされます。すべてのキーが演奏されると、再び一番高いノートからアルペジオが演奏されます。

アップ/ダウン

一番低いノートから一番高いノートへ順番に演奏された後、一番高いノートから一番低いノートへ演奏されます。すべてのキーが演奏されると再び始めから演奏されます。

一番低いノートから一番高いノートへ順番に演奏された後、2番目に高いノートから2番目に低いノートへ演奏されます。すべてのキーが演奏されると再び始めから演奏されます。

この2ステップのバリエーションは2つのノートを組にして演奏されます。各組の2番目のノートが最初に演奏されます。4つのノートからなるコードでは、2、1、4、3の順に演奏されます。このパターンが演奏されると、ノートの順序が逆になってアルペジオが始まります。

この3ステップのバリエーションは3つのノートを組にして演奏されます。ノートの順序は1、3、2です。このパターンが演奏されると、ノートの順序が逆になってアルペジオが始まります。

アウトサイドイン

一番高いノートに続いて一番低いノートが演奏された後、2番目に高いノートに続いて2番目に低いノート、という順に演奏されます。すべてのキーが演奏されると再び始めからアルペジオが演奏されます。

一番低いノートに続いて一番高いノートが演奏された後、2番目に低いノートに続いて2番目に高いノート、という順に演奏されます。すべてのキーが演奏されると再び始めからアルペジオが演奏されます。

これは内側から外側に向かうバリエーションです。演奏されるキーの数が2で割られます(端数は最も近い整数に切り上げられます)。コードを構成する中央の音に近い順に、最も高い音、それよりも低い音、という順に演奏されます。6つのノートからなるコードでは、4、3、5、2、6、1の順に演奏されます。すべてのキーが演奏されると再び始めからアルペジオが演奏されます。

これは内側から外側に向かうバリエーションです。演奏されるキーの数が2で割られます(端数は最も近い整数に切り上げられます)。コードを構成する中央の音に近い順に、最も低い音、それよりも高い音、という順に演奏されます。6つのノートからなるコードでは、3、4、2、5、1、6の順に演奏されます。すべてのキーが演奏されると再び始めからアルペジオが演奏されます。

ランダム

ノートの演奏順序はランダムに生成され、同じノートが重複して演奏されることもあります。

ノートの演奏順序がランダムに生成されますが、同じノートが2回演奏されることはありません。すべてのキーが演奏されると再び始めからアルペジオが演奏されます。

このバリエーションでは低いノートが優先されます。ノートの演奏順序はランダムに生成され、同じノートが重複して演奏されることもあります。

このバリエーションでは高いノートが優先されます。ノートの演奏順序はランダムに生成され、同じノートが重複して演奏されることもあります。

演奏した順

弾いた順番にすべてのノートが演奏された後、始めから繰り返されます。

弾いた順番とは逆にすべてのノートが演奏された後、始めから繰り返されます。

弾いた順番にすべてのノートが演奏された後、逆の順番で演奏されます。最初のノートと最後のノートはそれぞれ続けて2回演奏されます。すべてのノートが演奏されると再び始めからアルペジオが演奏されます。

弾いた順番にすべてのノートが演奏された後、逆の順番で演奏されます。ただし、最初のノートと最後のノートの繰り返しはありません。すべてのノートが演奏されると再び始めからアルペジオが演奏されます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?