Logic Pro X: EXS24 mkIIのゾーンのループパラメータ

EXS24 mkIIのゾーンのループパラメータ

EXS24 mkIIでは、持続したMIDIノートを受け取ると、サンプルの全体または一部をループ再生できます。

図。「ループ」カラムが表示されたインストゥルメントエディタ。

ゾーンのループパラメータ

  • 「ループ」の「オン」チェックボックス: クリックすると、ループ処理が有効になり、ほかの「ループ」パラメータにアクセスできるようになります。

  • 「ループ」の「開始」と「終了」フィールド: オーディオファイルの一部をループ再生したい場合、ループの開始位置と終了位置を設定します。

    いずれかのフィールドをControlキーを押したままクリックすると、Logic Pro Xのオーディオ・ファイル・エディタ(または外部エディタ)にアクセスできるショートカットメニューが開きます。このようにすれば、ループの開始位置や終了位置をグラフィカルに設定することができます:  サンプルエディタでは、「LS」マーカーがループ開始位置、「LE」マーカーがループ終了位置を表します。Logic Pro Xのオーディオ・ファイル・エディタでサンプルを編集するを参照してください。

  • 「Tune」フィールド: オーディオファイルのループ部分のチューニングを、セント単位で調整します。

  • 「クロスフェード」フィールド: ループされるサンプルの終了位置から開始位置に戻る部分のクロスフェード時間を設定します。クロスフェードループでは、ループの終了位置から開始位置に戻る部分で音が急激に変化するのを防ぐことができます。値を大きくするとクロスフェードが長くなり、ループの終了位置から開始位置に戻る部分で音をスムーズに変化させることができます。終了位置と開始位置のつなぎ目でクリック音が発生するなど、ループの難しいサンプルで便利な機能です。

  • 「イコールパワー」チェックボックス: クリックすると、指数曲線のクロスフェードが有効になり、クロスフェード範囲の中央で音量が3 dB増加します。これにより、ループの終了位置から開始位置への結合部でフェードアウトとフェードインを均等な音量レベルで行うことができます。

    注記:「クロスフェード」および「イコールパワー」パラメータの最適な設定は、サンプル素材によって異なります。ある程度スムーズにサイクルするループなら理想的なクロスフェードループが得られる可能性もありますが、クロスフェードの方が必ずしも良い音がするとは限りません。パラメータの設定をいろいろと変えて試してみれば、いつどこでどのようにクロスフェードを適用すれば良いのかが分かるでしょう。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?