Logic Pro X: ES2のフィルタをクロスフェードする

ES2のフィルタをクロスフェードする

「Filter」の「Blend」を使って、ES2のシグナルフローに大きな影響を与えることが可能です。並列であれ直列であれ、「Filter」の「Blend」値が- 1ならばフィルタ1の出力信号だけが聞こえます。「Filter」の「Blend」値を+1に設定すると、フィルタ2の出力信号だけが聞こえます。オシレータミックス段階(三角領域)からダイナミック段階(アンプ)に至る信号経路を図に示します。フィルタやフィルタオーバードライブ回路(「Drive」パラメータ)を介した信号経路は、「Filter」の「Blend」の設定によって決まります。

  • 「Filter」の「Blend」:  直列フィルタ構成の場合

    • 「Filter」の「Blend」をの値に設定すると、信号の一部がフィルタ1をバイパスします。

    • 「Filter」の「Blend」をの値に設定すると、信号の一部がフィルタ2をバイパスします。

    • 「Filter」の「Blend」を0またはの値に設定すると、1つのオーバードライブ回路だけが両方のフィルタに作用します。

    • 「Filter」の「Blend」をの値に設定すると、もう1つのオーバードライブ回路が有効になり、フィルタ1の前段でオシレータミックス段階の出力信号に歪みが加わります。

    • 「Drive」の値が0ならば、歪みは生じません。

    図。直列構成時の「Filter」の「Blend」によるフローチャート。
  • 「Filter」の「Blend」:  並列フィルタ構成の場合

    並列構成では、オーバードライブ/ディストーション回路(「Drive」パラメータ)は常に、オシレータミックス段階(三角領域)の、フィルタ段階のに置かれます。フィルタは、オーバードライブ回路の出力から、モノラル入力信号を受け取ります。各フィルタの出力は、「Filter」の「Blend」の設定に応じた比率でミックスされ、モノラル信号になります。

    図。並列構成時の「Filter」の「Blend」によるフローチャート。

「Filter」の「Blend」パラメータは、ルーターのモジュレーションターゲットとして使用できます。モジュレーションホイールなどの手動コントロースソースを使ってフィルタブレンドを変更することもできますが、「Filter」の「Blend」をターゲットとして使えば、2つのフィルタを急に切り替えたり滑らかにフェードさせたりなど、独創的な効果を作ることができます。ソースにベロシティを使ったり、ベクトルエンベロープとプレーナーパッドを組み合わせて使ったりすることもできます。後者を使用する場合、フィルタを単独で変化させる、オシレータのパラメータに合わせて変化させる、さらにそのオシレータのパラメータをベクトルエンベロープで制御するなど、さまざまな方法でフィルタを制御できます。

フィルタをクロスフェードする

  • 2つのフィルタを並列で接続した状態で、「Filter」の「Blend」スライダをドラッグしてフィルタのクロスフェードを設定します。

    図。「Filter」の「Blend」スライダ。
    • 「Filter」の「Blend」を一番上の位置に設定すると、フィルタ1のエフェクトだけが聞こえます。

    • 「Filter」の「Blend」を一番下の位置に設定すると、フィルタ2のエフェクトだけが聞こえます。

    • この間の位置で、フィルタがクロスフェードします。両方のフィルタのエフェクトが聞こえます。

    フィルタを直列に接続している場合も、フィルタをクロスフェードできます。この場合、「Drive」パラメータで制御するディストーションも考慮する必要があります。というのもディストーションは、「Filter」の「Blend」の設定に応じて、フィルタの前段または間に置かれるためです。

LFOでフィルタブレンドをモジュレートする

  1. モジュレーション経路を、ターゲット「FltBlend」、ソース「LFO2」に設定します。

  2. LFO 2の設定を調整します。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?