Logic Pro X: ES Pのオシレータパラメータ

ES Pのオシレータパラメータ

ES Pには、異なる波形を出力するいくつかのオシレータが組み込まれています。これらの信号をさまざまなレベルでミックスすることで、サウンドに使用する素材から無数のバリエーションを生み出すことができます。

図。オシレータパラメータ。

三角波、ノコギリ波、矩形波に加え、これとは別に矩形波専用のサブオシレータが2つ組み込まれています。左側のサブオシレータフェーダーは1オクターブ、右側のサブオシレータフェーダーは2オクターブ、それぞれメインオシレータよりも低くなっています。これらは、音を太くする場合に使用します。

オシレータパラメータ

  • 三角波オシレータスライダ: オシレータによって出力される三角波のレベルを設定します。

  • ノコギリ波オシレータスライダ: オシレータによって出力されるノコギリ波のレベルを設定します。

  • 矩形波オシレータスライダ: オシレータによって出力される矩形波のレベルを設定します。パルス幅は50 %に固定されます。

  • サブオシレータ-1オクターブスライダ: メインオシレータよりも1オクターブ低いサブオシレータの矩形波のレベルを設定します。このパラメータは、音を厚くするときに使用します。パルス幅は50 %に固定されます。

  • サブオシレータ-2オクターブスライダ: メインオシレータよりも2オクターブ低いサブオシレータの矩形波のレベルを設定します。このパラメータは、音を厚くするときに使用します。パルス幅は50 %に固定されます。

  • ノイズ・ジェネレータ・スライダ: ホワイトノイズのレベルを設定します。波や風、ヘリコプターなど、従来のシンセサイザーで使われたような音響効果に役立つでしょう。

  • 「4」、「8」、および「16」ボタン: ピッチをオクターブ単位で設定します(上下にトランスポーズします)。最も低い設定は16フィート、最も高い設定は4フィートです。オクターブを測るフィートという単位は、パイプオルガンの管長に由来します。パイプが長くて太いほど、深い響きの音が出るようになっています。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?