Logic Pro X: Alchemyのサンプラー・エレメント・コントロール

Alchemyのサンプラー・エレメント・コントロール

ソースセクションは詳細表示でのみ表示されます。詳細表示に切り替えるには、「Advanced」ボタンをクリックします。その後、「A」、「B」、「C」、または「D」ボタンをクリックして、編集するソースを選択します。

このセクションのパラメータは、ソースサブページで「Sampler」ボタンを選択したときに表示されます。「Sampler」セクションは、オーディオサンプルをグラニュラモードまたはサンプラーモードで読み込んだときにのみ使用できます。Alchemyの読み込みブラウザを参照してください。

「Sampler」セクションでは、オーディオファイルを直接再生できます。オーディオファイルは「サンプル」と呼ばれます。オリジナルよりも高いピッチで再生されるサンプルは、速い速度で再生されます。オリジナルよりも低いピッチで再生されるサンプルは、遅い速度で再生されます。中央にはサンプルの波形が表示されます。進行状況バーには、最後にトリガされたノートの現在の再生位置が示されます。

注記:サンプラーエンジンとグラニュラエンジンは相互排他的です。1つのソースでいずれか一方しか使用できず、両方同時に使用することはできません。両方のエンジンを同時に使用したい場合は、別のソースを使用します。

図。サンプラーエレメントのパラメータと波形ディスプレイ。

サンプラーエレメントのパラメータ

  • 波形ウインドウ: 波形に対する変更がリアルタイムで表示されます。

  • オン/オフボタン: ソースのサンプラーエレメントを有効または無効にします。

  • 「Vol」ノブ: ソース内でのサンプラーエレメントの出力レベルを設定します。ソースに複数のエレメントを使用する場合は、このコントロールによってサンプル成分の相対レベルが設定されます。

  • 「Reverse」ボタン: サンプルを逆再生するときにオンにします。メイン・ソース・セクションでループモードが「Forward/Back」に設定されている場合は、このパラメータをオンにすると、ループの再生順も逆になります。Alchemyのソース・サブページ・コントロールを参照してください。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?