Logic Pro X: ES Mの概要

ES Mの概要

この章では、モノフォニックシンセサイザー、ES M(ES Mono)について解説します。ミックスに埋もれないパンチのあるベースサウンドを作りたい場合、まずはES Mを試してみるとよいでしょう。

ES Mは、ベース音を簡単にスライドできる自動指奏ポルタメントモードを備えています。また、自動フィルタ補正回路によって、レゾナンス値を高くしても、どっしりした滑らかなベース音を得ることができます。

ES Mは、減算合成を使ってサウンドを作り出します。搭載するオシレータは、倍音成分の多い波形を生成します。これらの波形の一部を減算(カット、またはフィルタ除去)して再構築し、新しいサウンドを作成します。

シンセサイザーを使うのがはじめての方は、シンセサイザーの基礎の概要を参照してください。そこでは、用語の意味、およびさまざまな合成方式の概要とその動作について分かりやすく学ぶことができます。

図。メインのインターフェイス領域が表示されたES Mのウインドウ。

ES Mの操作画面は複数の領域に分かれています。

  • オシレータパラメータ: オシレータの「Mix」およびオクターブのパラメータは、左側の領域に表示されます。オシレータにより、サウンドの土台を構成する波形が生成されます。ES Mのオシレータパラメータを参照してください。

  • フィルタとフィルタエンベロープのパラメータ: オシレータパラメータの右側には、「Cutoff」(Cutoff frequency)ノブと「Resonance」ノブがあります。このフィルタは、オシレータから送信された波形の輪郭を作ります。中央から右上にかけてフィルタ・エンベロープ・パラメータが並んでいます。これらは、フィルタカットオフを経時的に制御します。ES Mのフィルタとフィルタエンベロープを参照してください。

  • 出力パラメータ: 右下の矢印形の領域には、サウンドのレベルを経時的に制御する、レベルエンベロープと出力パラメータがあります。「Overdrive」ノブは、インターフェイスの右端の近く、中間の高さのところにあります。「Overdrive」を使って、サウンドに色を付けたり、鋭くしたりできます。ES Mのレベルエンベロープと出力コントロールを参照してください。

  • 拡張パラメータ: 図には表示されていませんが、インターフェイスの左下の三角形をクリックして拡張パラメータにアクセスできます。これらのパラメータには、ベンドおよびチューニング機能が含まれます。ES Mの拡張パラメータを参照してください。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?