Logic Pro X: ES2のMW-Pad-Creator設定

ES2のMW-Pad-Creator設定

新しいパッチを自動的に生成できるパッチを作成してみましょう。

オシレータ2を使ってパルス幅変調し、強力なアンサンブル成分を生成しています。詳しくは、ES2のCrescendo Brass設定を参照してください。

オシレータ1および3は、それぞれのデジウェーブ波形テーブルの変動範囲内で先頭の波形に設定されています。必要に応じてこれを変更し、異なるデジウェーブの組み合わせから始まるようにできます。

3番モジュレーションでは、モジュレーションホイールを操作して3つのオシレータすべての波形テーブルを「変動」させます。オシレータ1とオシレータ3では同時に波形テーブルで波形を変動させ、オシレータ2ではモジュレーションホイールでパルス幅を変えることができます。

モジュレーションホイールをゆっくりと、注意深く動かして、波形の組み合わせが劇的に変化する様子を確認してください。ホイールを少し動かすたびに、異なるデジタル・パッド・サウンドが聞こえてきます。速く動かすとAMラジオを同調しているような音になってしまうので、それは避けてください。

ほかに変更できる事項としては、オシレータ1、2、3の波形パラメータをモジュレートする強さがあります。このモジュレーションの強さパラメータにより、波形テーブルの番号を変化させるときの刻み幅と方向が決まります。変化量は正または負の値を使って変更できます。

モジュレーションホイールを高い位置まで動かすと、フィルタ2(4番モジュレーション経路、ローパスフィルタFM)に対するFM割り当てで面白い付随効果が発生します。  つまり、フィルタの周波数モジュレーションが増大し、周期的なビート(ピッチ、チューニング、パルス幅の振動音)が強調されます。また、サウンド全体が荒い感じになり、「歯擦音」が加わります。周波数変調については、たとえば次のような、さまざまなパラメータを変えて試してみてください:

  • デフォルトではフィルタ2のFMパラメータで周波数変調するようになっています。モジュレーションホイールを上端に動かすと、4番モジュレーション経路のモジュレーションの強さの最大値を負にすることができます。

  • 常に周波数変調します(ほかのモジュレーションチャンネルはそのまま保存して利用します)。逆に、響きが汚すぎると感じた場合は、周波数変調をオフにしてもかまいません。

ビブラートをリアルタイムで制御したい場合は、キープレッシャーで制御します(10番モジュレーション経路)。モジュレーションを強調するために、カットオフ周波数を調整してフィルタの効きを抑えることも可能です(9番モジュレーション経路)。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?