Logic Pro X: ES1のサブオシレータを使用する

ES1のサブオシレータを使用する

ES1のサブオシレータを使用すると、より豊かなサウンドを生成できます。サブオシレータのピッチは、プライマリオシレータの周波数と対応付けられます。サブオシレータには、以下の波形オプションがあります:

  • プライマリオシレータの周波数よりも1または2オクターブ低く演奏される方形波

  • プライマリオシレータの周波数よりも2オクターブ低く演奏されるパルス波

  • 上記の波形を異なる比率および位相差で混ぜ合わせてさまざまなサウンドを生み出すバリエーション

  • パーカッションサウンドに加え、風、波、雨などのサウンドの作成に役立つホワイトノイズ

  • サブオシレータを無効にする「OFF」

  • サイドチェーンを使ってES1シンセサイザーエンジン経由で外部チャンネルストリップ信号を送信する「EXT」

チャンネルストリップ信号をES1シンセサイザーエンジン経由で処理する

  1. 「Sub」ノブを「EXT」に設定します。

  2. ES1の右上隅にある「サイドチェーン」ポップアップメニューから、サイドチェーンのソース・チャンネル・ストリップを選択します。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?