Logic Pro X: Vintage Electric Pianoのドライブエフェクト

Vintage Electric Pianoのドライブエフェクト

エレクトリックピアノは、真空管アンプを通して演奏すると最高の音を得られます。真空管アンプでは、クランチーなギターアンプの繊細な温かみから、サイケデリックな大音量のディストーションに至る幅広い音色を作り出すことができます。Vintage Electric Pianoのドライブエフェクトは、真空管アンプの飽和段階の特性をシミュレートします。ドライブエフェクトは、Vintage Electric Pianoのエフェクトチェーンの中で最初に置かれる信号処理回路です。

図。Vintage Electric Pianoの「Drive」パラメータ。

「Drive」エフェクトのパラメータ

  • オン/オフボタン: ドライブエフェクトのオン/オフを切り替えます。

  • ドライブ・モード・スイッチ: 2種類のディストーションエフェクトを切り替えます。

  • 「Gain」ノブ/フィールド: ハーモニックディストーションの量を設定します。

  • 「Tone」ノブ/フィールド: 仮想真空管アンプ回路でサウンドの振幅と歪みを大きくする前に、サウンドをイコライズします。

    • 音色を柔らかくするには、「Tone」の値を下げます。サウンドがソフトすぎる場合は、「EQ」エフェクトの「Treble」コントロールを使って高音部をブーストします。

    • オーバードライブさせたトランジスタ特有のざらざらした歪み特性が欲しい場合は、「Tone」パラメータの値を高めにします。サウンドが攻撃的すぎる場合は、「EQ」エフェクトの「Treble」コントロールを使って高音部を弱めます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?