Logic Pro X: Retro Synthの拡張パラメータ

Retro Synthの拡張パラメータ

Retro Synthには追加パラメータが用意されており、これらのパラメータはインターフェイスの左下にある開閉用三角ボタンをクリックすると表示されます。

拡張パラメータ

  • 「MIDI Mono Mode」ポップアップメニュー: 「Off」、「On (with common base channel 1)」、または「On (with common base channel 16)」を選択します。

    どちらのモードでも、各ボイスが異なるMIDIチャンネルでデータを受信します。各ボイスのチャンネルでは、ピッチベンド、プレッシャー、モジュレーションホイール、CCメッセージがサポートされます。ベースチャンネルで送信されるコントローラメッセージとMIDIメッセージは、すべてのボイスに影響を及ぼします。

  • 「Mono Mode Pitch Range」スライダ: 0から96の範囲で値を設定します。

    選択したピッチベンド範囲は、共通ベースチャンネル以外のすべてのチャンネルで受信された個別のノートのピッチ・ベンド・メッセージに影響を及ぼします。デフォルトは半音48個です。これはiOS用GarageBandのピッチモードのキーボードと互換性があります。MIDIギターを使用する場合は、ギターからMIDIへの信号コンバータのほとんどがデフォルトで半音24個の範囲を使用するため、この範囲を選択することをお勧めします。

  • 「Analysis」ポップアップメニュー: カスタムの波形セットを作成するときに、連続するオーディオセクション内での検出感度を変更します。オーディオ素材に最も合うアルゴリズムを選択してください。カスタムの波形テーブルを作成するを参照してください。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?