Logic Pro X: Sculptureのモジュレーションの概要

Sculptureのモジュレーションの概要

Sculptureは、膨大な数のモジュレーションソースとターゲットを備えた音源です。これを使うと、継続的に変化するサウンド、オーディオループのようなサウンド、表現豊かに再生可能なサウンドなど、驚くほどのサウンドを生成できます。

図。モジュレーションソースとターゲット。

提供されている一部のモジュレーションソースは、従来のシンセサイザー設計のモジュレーションソースに似ています。これには、以下が含まれます:

  • 自由に割り当て可能な2つのLFO。LFOレートは(プロジェクトの)テンポと同期可能です。

  • ビブラート専用である3つ目のLFO(ピッチモジュレーション)。

  • 2つのエンベロープ。標準的なエンベロープとして使用できますが、まったく別の用途にも使用できます。

Sculptureには、専用に設計された、従来のものとは異なるモジュレーションソースも多く用意されています。これには、以下が含まれます:

  • 2つのジッタージェネレータ(帯域幅は調整可能)。ランダムなバリエーションを作成するときに使用します。

  • 2つのRandomizer。ノートスタート/ノートオン時にのみ値を変更します。金管楽器奏者の唇、息、舌などの効果をエミュレートするのに最適です。

  • 2つの記録可能なエンベロープ。これらはMIDI制御モジュレータとして使用できます。受信したMIDIコントローラの動作をボイス単位でポリフォニックに再生したり、変更したりする機能があります。

Sculptureには、集約されたモジュレーションルーターはありません。すべてのモジュレーションルーティング(モジュレーションターゲットや「via」ソースを選択すること)は、各モジュレーション・ソース・パネルで行います。

モジュレーション・ソース・パネルを開く

  • 使用したいモジュレーションソースのボタンをクリックします。モジュレーションソースが有効になると、対応するボタンのラベルが強調表示されます。

    図。モジュレーション・ソース・ボタン。
公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?