Logic Pro X: Digital Stepper

Digital Stepper

Digital StepperはES2ベースの音源で、いくつかの音をステップを踏むように段階的に鳴らすデジタルシンセサイザーです。リズミカルなパターンを作り出します。

  • 音量スライダ: 音源の全体的な音量レベルを設定します。

  • 「Balance」スライダ: より耳障りでとげとげしいサウンド(digital)にするか、より温かみのある穏やかなサウンド(analog)にするかのバランスを設定します。

  • 「Modulation」スライダ: モジュレーションを強くしたり弱くしたりします。高い設定を使用すると、サウンドが生き生きとします。

  • 「Harmonics」スライダ: サウンドのハーモニクス(倍音)の数を増減します。「more」に設定するとサウンドが多少厚くなり、「less」に設定すると薄くなります。

  • 「Harmonic Steps」スライダ: 音のステップをどの程度目立たせるかを指定します。「large」に設定すると音のステップが目立ち、「small」に設定するとあまり分からなくなります。

  • 「Cutoff」スライダ: 低く設定すると狭い範囲の音のみがフィルタを通過するためサウンドが減衰し、高く設定すると広い範囲の音がフィルタを通過するため明るいサウンドになります。

  • 「Cutoff Steps」スライダ: 各ステップに適用するカットオフの量を設定します。「large」に設定するとカットオフの効果がより顕著になり、「small」に設定するとあまり分からなくなります。

  • 「Duration」スライダ: ステップの長さを設定します。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?