Logic Pro X: SilverVerb

SilverVerb

SilverVerbには、リバーブ信号をモジュレートできるLFO(低周波数オシレータ)があります。また、ハイカットフィルタおよびローカットフィルタが含まれており、リバーブ信号から特定の周波数をフィルタリングすることができます。リバーブ信号の高周波トランジェントは、耳障りなだけでなく、声を聞き取りにくくしたり、原音信号の倍音を消したりしてしまうことがあります。低音の強い、長いリバーブテイルは、一般に不鮮明な印象を与えます。

図。SilverVerbウインドウ

SilverVerbのパラメータ

  • 「Predelay」ノブ/フィールド: 原音信号とリバーブ信号との時間間隔を設定します。

  • 「Reflectivity」ノブ/フィールド: 仮想の壁、天井、および床の反響特性を設定します。

  • 「Size」ノブ/フィールド: シミュレートする部屋の大きさを設定します。

  • 「Density/Time」ノブ/フィールド: リバーブの密度と継続時間を設定します。

  • 「Low Cut」スライダ/フィールド: リバーブ信号からフィルタ除去する低周波のしきい値を設定します。この値よりも低い周波数が除去されます。このフィルタは、リバーブ信号のトーンのみに影響し、元の信号には影響しません。

  • 「High Cut」スライダ/フィールド: リバーブ信号からフィルタ除去する高周波のしきい値を設定します。この値よりも高い周波数が除去されます。このフィルタは、リバーブ信号のトーンのみに影響し、元の信号には影響しません。

  • 「Modulation」オン/オフボタン: LFOを有効/無効にします。「Rate」、「Phase」、および「Intensity」パラメータに影響します。

  • 「Rate」ノブ/フィールド: LFOの周波数(速度)を設定します。

  • 「Phase」ノブ/フィールド: リバーブ信号の左右のチャンネルのモジュレーションの位相を設定します。

    • 0°では、左右のチャンネルが同時にモジュレーションの最大または最小値になります。

    • 180°では、左右のチャンネルが同時にそれぞれ逆の極値(左チャンネルが最小、右チャンネルが最大、またはこの逆)になります。

  • 「Intensity」スライダ/フィールド: モジュレーションの量を設定します。値が0の場合は、ディレイのモジュレーションがオフになります。

  • 「Dry/Wet」スライダ/フィールド: エフェクト(ウェット)信号と原音(ドライ)信号のバランスを設定します。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?