Logic Pro X: EnVerb

EnVerb

EnVerbは、独自の機能を持つ、汎用性の高いリバーブエフェクトです。このエフェクトでは、拡散したリバーブテイルのエンベロープ(形状)を調整できます。EnVerbのインターフェイスは2つの領域で構成されています:

  • タイムパラメータ: リバーブのレベル(エンベロープ)がグラフィックディスプレイに時系列で表示され、調整できます。原音信号のディレイタイムを制御したり、リバーブテイルを時系列で変化させたりできます。

  • サウンドパラメータ: エンベロープディスプレイの下のコントロールで、リバーブ信号のサウンドを作ります。「Crossover」パラメータで、入力信号を2つの帯域に分割したり、低周波数帯域を個別に設定したりできます。

図。EnVerbウインドウのミックスパラメータ、サウンドパラメータ、タイムパラメータ

EnVerbのタイムパラメータ

EnVerb値を調整するには、エンベロープディスプレイでパラメータハンドルを直接ドラッグするか、パラメータフィールドで上下にドラッグしてください。

  • 「Attack」ハンドル/フィールド: リバーブがピークレベルに達するまでの時間を設定します。

  • 「Decay」ハンドル/フィールド: リバーブがピークレベルからサスティンレベルに下がるまでの時間を設定します。

  • 「Sustain」(Hold)ハンドル/フィールド: サスティンフェーズの均一リバーブレベルを設定するには、上下にドラッグします。値は、リバーブ信号の最大音量に対する割合(パーセント)で示されます。「Hold」パラメータを参照してください。

  • 「Release」ハンドル/フィールド: リバーブがサスティンフェーズの終了時から完全に消えるまでの時間を設定します。

  • 「Dry Signal Delay」ハンドル/フィールド: 原音信号のディレイを設定します。「Mix」セクションの「Dry」スライダで適切なレベルを設定します。

  • 「Predelay」フィールド: 原音信号とリバーブのアタックフェーズ開始位置(初期反射音の開始位置)との時間間隔を設定します。

  • 「Hold」(Sustain)ハンドル/フィールド: リバーブ・サスティン・フェーズの継続時間を設定するには、左右にドラッグします。「Sustain」パラメータを参照してください。

EnVerbのサウンドパラメータ

  • 「Density」ノブ/フィールド: リバーブの密度を設定します。

  • 「Spread」ノブ/フィールド: リバーブのステレオイメージの幅を制御します。0 %では、モノラルのリバーブが生成されます。200 %では、ステレオベースが人工的に拡張されます。

  • 「High Cut」ノブ/フィールド: リバーブテイルからフィルタ除去する高周波のしきい値を設定します。この値よりも高い周波数が除去されます。

  • 「Crossover」ノブ/フィールド: 入力信号を2つの周波数帯域に分ける境界となる周波数を設定します。これらの周波数帯域は別々に処理されます。

  • 「Low Freq Level」ノブ/フィールド: クロスオーバー周波数よりも低い(リバーブ信号の)周波数の相対的なレベルを設定します。多くの場合、このパラメータを負の値にすると、良い結果が得られます。

  • 「Dry/Wet」スライダ/フィールド: エフェクト(ウェット)信号とダイレクト(ドライ)信号とのバランスを指定します。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?