Logic Pro X: Space Designerのフィルタとフィルタエンベロープ

Space Designerのフィルタとフィルタエンベロープ

フィルタはリバーブの音色を制御します。

複数のフィルタ・タイプから選択でき、エンベロープでフィルタのカットオフを制御できます。フィルタ設定を変更すると、Space Designerを通して再生されている間にサウンドが直接変更されるのではなく、インパルスレスポンスが再計算されます。

メインフィルタのパラメータは、メインディスプレイでフィルタエンベロープが選択されているときにパラメータバーの右側に表示されます。

「Filter Env」のオン/オフボタンをクリックして、フィルタエンベロープとフィルタ自体を有効にします。エンベロープを使うと、フィルタのカットオフ周波数を時間軸に沿って制御できます。フィルタエンベロープのどのパラメータも、パラメータバーで数値を入力して調整できます。または、「Space Designerのエンベロープを編集する」で説明している方法によってメインディスプレイのグラフィックスから調整することもできます。

図。調整用ノードが表示されたフィルタ・エンベロープ・パラメータ。

メインフィルタのパラメータ

  • フィルタ・モード・ポップアップメニュー: フィルタモードを設定します。

    • 6 dB(LP): 明るい響きを作り出す、用途の広いローパス・フィルタ・モードです。ある程度のフィルタリング効果を得ながらも、素材となる信号の特徴的な部分は残したい場合に使用できます。

    • 12 dB(LP): フィルタ効果を抑え気味にし、暖かいサウンドが欲しいときに役に立つローパス・フィルタ・モードです。明るいリバーブを伸びやかに鳴らしたいときに便利です。

    • BP: 1オクターブにつき6 dB減衰させるバンドパスフィルタです。信号の低域と高域を減らし、カットオフ周波数付近の周波数をそのまま残します。

    • HP: 1オクターブにつき12 dB減衰の2極ハイパスフィルタです。カットオフ周波数より低い周波数のレベルを下げます。

  • 「reso」フィールド: カットオフ周波数の上、下、または周辺の周波数を強調します。レゾナンス値がどの程度サウンドに影響するかは、選択したフィルタモードによって大きく異なります。フィルタの傾斜が大きいほど、はっきりと音色が変わります。

フィルタエンベロープのパラメータ

  • 「init freq」フィールド: フィルタエンベロープの最初のカットオフ周波数を設定します。

  • 「attack」フィールド: 「break level」に達するまでの時間を指定します。

  • 「break level」フィールド: エンベロープが到達する、フィルタのカットオフ周波数の最大値を設定します。この設定値は、フィルタエンベロープがアタックフェーズからディケイフェーズに切り替わるポイントにもなります。つまり、設定したレベルにアタックフェーズが達すると、そこからディケイフェーズが始まります。「break level」の値を「init freq」パラメータの値よりも低くすると、変わった傾斜のフィルタを作り出すことができます。

  • 「decay」フィールド: 「break level」ポイントを過ぎてから「end freq」の値に達するまでの時間を指定します。

  • 「end freq」フィールド: フィルタエンベロープのディケイフェーズが終わるときのカットオフ周波数を設定します。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?