Logic Pro X: Space Designerのインターフェイス

Space Designerのインターフェイス

Space Designerのインターフェイスは、次のセクションで構成されています:

図。Space Designerウインドウ。主なインターフェイス領域が表示されている。
  • インパルス・レスポンス・パラメータ: これらを使用して、録音または合成のインパルス・レスポンス・ファイルの読み込みや保存、操作を行います。選択したインパルス・レスポンス・ファイルによって、オーディオ信号とのコンボリューションに何が使用されるかが決まります。インパルスレスポンスを使うを参照してください。

  • エンベロープ、フィルタ、およびEQパラメータ: メインディスプレイとパラメータバーをエンベロープビュー、フィルタビュー、EQビューの間で切り替えるには、表示モードバーのボタンをクリックします。パラメータは、メインディスプレイのグラフィックスまたはパラメータバーの数値を使って調整できます。Space DesignerのエンベロープとEQの概要およびSpace Designerのフィルタとフィルタエンベロープを参照してください。

  • グローバルパラメータ: インパルスレスポンスが読み込まれるか生成された後、これらのパラメータを使って、Space Designerによる信号全体およびインパルスレスポンスの処理方法を指定します。入力および出力パラメータ、プリディレイなどがあります。Space Designerのグローバルパラメータの概要を参照してください。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?