Logic Pro X: EVOC 20 TrackOscillatorの「Synthesis in」パラメータ

EVOC 20 TrackOscillatorの「Synthesis in」パラメータ

「Synthesis in」セクションでは、シンセサイザーのトラッキング信号のさまざまな部分を制御します。トラッキング信号は、内部シンセサイザーをトリガするために使われます。

図。「Synthesis in」パラメータ。

「Synthesis in」パラメータ

  • 「Synthesis in」ポップアップメニュー: トラッキング信号のソースを選択します。

    • Track: EVOC 20 TrackOscillatorの挿入先チャンネルストリップのオーディオ入力信号を合成信号として使います。この信号が内部シンセサイザーを作動させます。

    • SideCh(サイドチェーン): サイドチェーンを合成信号として使用します。EVOC 20 TrackOscillatorウインドウの右上隅にある「サイドチェーン」ポップアップメニューから、サイドチェーンソースのチャンネルを選択します。

    • Osc.(Oscillator): トラッキングオシレータを合成ソースとして設定します。このオシレータは、分析入力信号のピッチを再現(追跡)します。「Osc.」を選択すると、合成セクションにあるほかのパラメータが有効になります。「Osc.」を選択していない場合、このセクションにある「FM Ratio」、「FM Int」などのパラメータは作用しなくなります。

    注記:サイドチェーンを選択した場合にサイドチェーンチャンネルが割り当てられていなければ、EVOC 20 TrackOscillatorは「Track」モードに戻ります。

  • 「Bands」フィールド: 分析の対象となり、合成エンジンで使用する周波数帯の数を設定します。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?