Logic Pro X: ReCycleファイルをサンプラー音源に変換する

ReCycleファイルをサンプラー音源に変換する

「ReCycle」はPropellerhead Software社のサンプル編集プログラムであり、「ReCycle」で生成されるファイルタイプの多くは、Logic Pro XおよびEXS24 mkIIでも読み出すことができます。

オーディオファイルの波形のピーク(トランジェント)に基づいてサンプル素材をスライスと呼ばれる細かなセグメントに分割する機能を備えています。このようにして、「ReCycle」はオーディオファイルを音楽的に意味のあるスライスに分割します。Logic Pro Xではさらに、たとえばドラムループにおけるこのようなスライスのタイミングが、自動生成されたリージョンにマッピングされます。

EXS24 mkIIは、次のタイプのReCycleファイルをサポートしています:

  • 古いReCycleファイル: ファイルの拡張子は.rcyです。このファイルタイプの略称はRCSOです。あまり使われなくなったファイルタイプです。

  • 古いReCycle書き出しファイル: ファイルの拡張子は.rexです。このファイルタイプの略称はREXです。古いサンプルライブラリでは、REXフォーマットのファイルが広く使用されています。

  • ReCycle 2.0ファイル: ファイルの拡張子は.rx2です。このファイルタイプの略称はREX2です。このファイルは主にPropellerhead Software社の「Reason」で使用されるものですが、一般的なサンプルライブラリでもREX2フォーマットのファイルが広く使用されています。

新規のサンプラー音源を作成して各ReCycleスライスをゾーンに割り当てる

  1. インストゥルメントエディタで「インストゥルメント」>「ReCycleコンバート」>「MIDIリージョンを抽出し、新規音源を作成」と選択します。

  2. ReCycleファイルを選択して、「開く」をクリックします。

  3. 「MIDIリージョンを作成」ダイアログで「ベロシティ設定」を入力します。

    図。「MIDIリージョンを作成」ウインドウ。

    「ベロシティ設定」は、読み込んだReCycleファイルの各スライスの音量(トランジェントピーク)を分析します。そしてその値を、スライスのトリガに使用されるMIDIノートイベントの該当するベロシティ値にマッピングします。

    • 正の値(最大値は100)を入力すると、スライスの音量が大きいほどMIDIノートイベントのベロシティ値が高くなります。

    • 負の値を入力すると、スライスの音量が大きいほどMIDIノートイベントのベロシティ値が低くなります。

  4. 「OK」をクリックします。

    EXS24 mkIIは、読み込んだReCycleファイルの各スライスに対してゾーンを生成し、これらのゾーンを1つのグループに割り当てます。新しいサンプラー音源の名前は、ReCycleループ名から名前をとって付けられます。同名のサンプラー音源がすでに存在する場合は、音源名の末尾に番号記号(#)と数字が付加されます。たとえば、「Tricky Backbeat」という名前のサンプラー音源がすでに存在する場合に「Tricky Backbeat」という名前のReCycleファイルを読み込むと、「Tricky Backbeat#1」というサンプラー音源が作成されます。このため、「Sampler Instruments」フォルダで同名のファイルが重複することはありません。

    また、現在選択中のトラックの現在のプロジェクト位置(小節単位)に、MIDIリージョンが生成されます。このMIDIリージョンは、読み込んだスライスをReCycleファイルで定義されたタイミングでトリガするために使用します。読み込んだサンプラー音源(下記の「ReCycle音源からMIDIリージョンを生成する」タスクを参照)からは、いつでも新規のMIDIリージョンを生成できますので、MIDIリージョンの編集や削除は自由に行うことができます。

    ヒント:また、「MIDIリージョンを抽出し、サンプルを現在の音源に追加」コマンドを実行しても、現在インストゥルメントエディタで開いている任意のサンプラー音源にReCycleループのスライスが追加されます。これにより、1つのサンプラー音源でいくつもの異なるReCycleループを使用できます。

ReCycleループ全体を1つのゾーンに割り当てる

  • 「インストゥルメント」>「ReCycleコンバート」>「ループをスライスし、新規音源を作成」と選択すると、ReCycleループからサンプラー音源が作成されます。

    各スライスは低いノートから高いノートへと半音階でキーボードにマッピングされます。

    各ゾーンでは、終了位置まで現在のプロジェクトのテンポでReCycleループが再生されます。つまり、最も下のゾーンではループ全体が再生され、最も上のゾーンではループの最後のスライスのみが再生されることになります。最も下のゾーンと最も上のゾーンの間のノートにより、複数のスライスが再生されます。キーボードで対応するノートを演奏することによってサンプルのループ開始位置をさまざまに変更できるこのような手法は、ドラムンベース・スタイルのトリガに使用できます。

    スライスされたループから現在アクティブなサンプラー音源にゾーンを追加するには、「インストゥルメント」>「ReCycleコンバート」>「ループをスライスし、サンプルを現在の音源に追加」と選択します。

クリップボードからReCycleループをペーストする

読み込んだReCycleファイルからMIDIリージョンを生成することができます。これらのリージョンは、読み込んだスライスをReCycleファイルで定義されたタイミングでトリガします。

  • 「編集」>「ReCycleループを新規音源としてペースト」と選択すると、「ReCycle」のCopy Loop機能によってクリップボードにコピーされたReCycleループから、サンプラー音源が作成されます。

    サンプラー音源の作成方法は、「MIDIリージョンを抽出し、新規音源を作成」コマンドの場合と共通しています。

    現在アクティブなサンプラー音源にゾーンを追加するには、「編集」>「ReCycleループを現在の音源にペースト」と選択します。

ReCycle音源からMIDIリージョンを生成する

読み込んだReCycleファイルからMIDIリージョンを生成することができます。これらのリージョンは、読み込んだスライスをReCycleファイルで定義されたタイミングでトリガします。

  • 「インストゥルメント」>「ReCycleコンバート」>「ReCycle音源からリージョンを抽出」と選択します。

    MIDIリージョンが現在選択中のトラックの現在のプロジェクト位置(小節単位)に作成されます。現在開いている音源に読み込んだReCycleループの1つ1つに対してMIDIリージョンが生成されます。ベロシティ設定の入力も必要です(上記の「新規のサンプラー音源を作成して各ReCycleスライスをゾーンに割り当てる」タスクを参照)。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?