Logic Pro X: Sculptureのモジュレーションオプションを使ってみる

Sculptureのモジュレーションオプションを使ってみる

アコースティック楽器のエミュレーションにとって、モジュレーションオプションは非常に重要です。たとえばトランペットサウンドに時間と共に徐々にビブラートをかける場合です。

また、従来のシンセサイザーサウンドの多くは、VCO、VCF、VCAなどの基本的な音源要素に依存するところが大きいのですが、モジュレーションに対してもそれと同程度に依存しています。

簡単にモジュレーションを行うためのヒントをいくつか紹介しましょう:

  • Object 2の音色をたとえばLFOでモジュレートしたいとします。そのためには、「LFO 1」または「LFO 2」タブをクリックし、「1」または「2」ボタンをクリックして、ソースとターゲットを「Source」および「Target」ポップアップメニューから選択します。さらに、「amt」および「via」スライダを希望の値までドラッグします。

  • キーボードのモジュレーションホイールなどの外部コントローラでモジュレーションを制御したいときには、「via」ポップアップメニューを開き、それぞれ「Ctrl A (1 ModWhl)」または「Ctrl B (4 Foot)」を選択します。デフォルトでは、「Mod Wheel」は「Ctrl A」に設定されています。

  • Object 3に使用可能な「Bouncing」減衰タイプはサウンドに面白い影響を与えますが、プロジェクトテンポと同調させることはできません。「Bouncing」オブジェクトと似た効果で、プロジェクトのテンポと同期するバージョンを作成するには、「Disturb」オブジェクトタイプを使用して、 Logic Pro Xと同期するLFOで縦位置(Timbre)をモジュレートすることによってオブジェクトを動かします。

ブレスコントローラを持っていなくても、Sculptureを使用するときはブレスコントロールを使用できます。

ブレスコントローラなしでブレスコントロールを使用する

  1. キーボードのモジュレーションホイールまたはほかのコントローラを使用して、ブレスコントローラのモジュレーションを記録可能なエンベロープに記録します。

  2. 記録したモジュレーション経路を「CtrlEnv 1」および「CtrlEnv 2」パラメータの一方または両方に再度割り当てます。

  3. 「Record Trigger」ポップアップメニューから「NoteOn」を選択します。

    受信するノートオンメッセージによって、「CtrlEnv 1」および「CtrlEnv 2」パラメータがトリガされます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?