Logic Pro X: EXS24 mkIIの高度なグループ選択機能を使う

EXS24 mkIIの高度なグループ選択機能を使う

グループ選択を切り替えるために使用できる、特定のイベントを定義することができます。定義したイベントがトリガされると、このグループに属するゾーンが再生され、別のイベントによって選択されるように設定したほかのグループは再生されません。定義したイベントはサウンドを再生したり変更したりすることはなく、グループの選択切り替えとしてのみ動作します。

「グループを選択」コマンドは、グループビューのときに「表示」メニューから使用できます。

図。「グループの選択」ポップアップメニュー。

グループ選択フィルタ

「タイプ」カラムのポップアップメニューで次のグループ選択フィルタを使用できます:

  • ノート: MIDIノートに基づいてグループを選択するときに使います。別のMIDIノートに複数のグループを割り当てる必要があります。このノートがトリガされると、ほかのグループの再生が停止します。

  • Group: マスターグループに所属しているかどうかに基づいてグループを選択するときに使います。1つのマスターグループに複数のグループを割り当てる必要があります。マスターグループ内のメンバーがトリガされると、ほかのグループの再生が停止します。

  • コントロール: 指定のコントローラ番号に基づいてグループを選択するときに使います。

  • ベンド: ベンド範囲に基づいてグループを選択するときに使います。指定したベンド範囲に入るグループのみ再生されます。

  • MIDIチャンネル: MIDIチャンネルに基づいてグループを選択するときに使います。チャンネルと一致するグループのみ再生されます。

  • アーティキュレーションID: アーティキュレーションIDに基づいてグループを選択するときに使います。このパラメータはモジュレーションデスティネーションとして使用できるので、コントローラでサンプルのグループを切り替えることができます。たとえば、キーボードのモジュレーションホイールを使って、開き具合の異なる複数のハイハットグループを切り替えることができます。アーティキュレーションIDの処理を参照してください。

  • テンポ: テンポに基づいてグループを選択するときに使います。指定したテンポの範囲に入るグループのみが再生されます。

「基準」グループを定義してMIDIノートでグループを切り替える

たとえばEXS24 mkIIで、2つの弦楽器のサンプルグループを、1つはスタッカートのサンプル、もう1つはレガートのサンプルとして自動的に切り替えたい場合は、「グループを選択」メニューで「ノート」を設定し、異なるMIDIノートでこれらのグループをトリガするように設定します。そして、サウンドをトリガしないノートをリモートのグループ切り替えとして使用できるようになります。

以下では、複数のグループがすでに存在するものとします。EXS24 mkIIのグループを作成するを参照してください。

  1. グループ・ビュー・ボタンをクリックして、「表示」メニューから「グループの選択」コマンドを選択します。

    グループビューに「グループを選択」フィールドが表示されます。

  2. 「タイプ」カラムに表示されるポップアップメニューから「ノート」を選択し、最初に切り替えるグループのノートを指定します。

    これが基準グループとなります。デフォルトのノート番号はC-2です。「番号」カラムフィールドにはこの番号が表示されています。

  3. 「番号」カラムフィールド内を上下にドラッグして、基準グループのノート番号を変更します。

    ゾーンを割り当てられていないノートを選択する必要があります。このノートを再生すると、このグループが選択され、ほかのすべてのグループの選択が解除されます。

  4. 「タイプ」カラムに表示されるポップアップメニューから「ノート」を選択し、2番目に切り替えるグループのノートを指定します。

  5. 「番号」カラムフィールド内を上下にドラッグして、2番目のグループのノート番号を変更します。

    ゾーンを割り当てられていないノートを選択する必要があります。このノートを再生すると、2番目のグループが選択され、ほかのすべてのグループの選択が解除されます。

グループの選択条件を絞り込む

複数のグループ選択条件を使って、グループを絞り込むことができます。たとえば、特定のコントローラメッセージのうち、一定範囲の値だけを使ってアーティキュレーションなどを切り替えることができます。さらに「グループを選択」でグループ選択の条件としてMIDIチャンネルを指定すれば、より詳細な絞り込みができます。

以下のいずれかの操作を行います:

  • 「グループを選択」カラムの右上隅にある「+」記号をクリックします。

    グループビューに「グループを選択(2)」フィールドが表示されます。

  • 「-」記号をクリックすると「グループを選択」の条件がなくなり、グループ選択の条件が広がります。

EXS24 mkIIでラウンドロビンを設定する

ラウンドロビンという用語は、同じキーを連打してサンプルを切り替えることを意味します。この機能は特に、ライブ演奏や、実際の楽器のサンプルを切り替えるときに突然マシンガンのようなノイズが生じるのを避けたいときに便利です。

EXS24 mkIIでは、「グループを選択」の選択条件としてグループを使用できます。あるグループが再生されているときには、ほかのグループの音は鳴りません。

  1. サンプラー音源ポップアップメニューをクリックして、インストゥルメントを読み込みます。

  2. 「edit」ボタンをクリックすると、インストゥルメントエディタ・ウインドウが開きます。グループビューが表示されている場合は、「ゾーン」ボタンをクリックします。

  3. 2つのゾーンを同じキー(ここでは例としてC2)に割り当て、画面上のキーボードまたは接続されているMIDIキーボードでC2を弾きます。

    2つのサンプル(ゾーン)が再生されるのが表示と音で確認できます。分かりやすくするために、これらを「ゾーン1」、「ゾーン2」と呼びます。

  4. 今度は別のゾーンを画面上のキーボードの別のノート(C3など)に割り当てます。

    MIDIキーボードでC3を弾いて、別のゾーンがトリガされるのを確認します。これを「ゾーン3」とします。

  5. ゾーン3の「低」カラムを上下にドラッグして「C2」を表示します。

  6. C2キーを繰り返し押すと、ゾーン1、2、および3が再生されます。

    必要に応じて手順4と5を、ほかのノートを使って繰り返します。

  7. 「グループ」ボタンをクリックしてグループビューに切り替えます。

  8. グループを選択します: 「表示」メニューから「グループの選択」を選択します。

  9. ゾーン2の行の「タイプ」サブカラムをクリックして、ポップアップメニューから「Group」を選択します。

  10. ゾーン2の行の「グループ」サブカラムをクリックして、ゾーン1を選択します。

  11. ゾーン3の行で手順9と10を繰り返します。ただし「グループ」カラムではゾーン2を選択します。

  12. オンスクリーンキーボードのC2キーを繰り返しクリックするか、MIDIキーボードのC2キーを弾きます。

    ゾーン1、2、3が順に切り替わって再生されます。

この例では、選択の条件または切り替えの条件としてグループを使用しました。「グループ」メニューでゾーン1、ゾーン2、ゾーン3を選択することにより、別のグループのトリガグループを指定できます。各トリガグループは「グループ」カラムに1つずつしか存在しないので、グループが順番に切り替わります。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?