Logic Pro X: Modulator MIDIプラグインのLFO

Modulator MIDIプラグインのLFO
図。Modulator LFOのパラメータ。

モジュレーションLFOのパラメータ

  • LFOオン/オフボタン: LFOのオン/オフを切り替えます。

  • 波形ボタン: 波形を選択します。三角波、サイン波、矩形波、およびランダムのいずれかを選択できます。適したモジュレーションの種類は波形ごとに異なります。

  • 波形ディスプレイ: LFOの波形を表示します。

  • 「Symmetry」スライダ: 波形の対称性を調整します。これによって、以下のように波形が変形します:

    • 三角波: 三角波が上昇ノコギリ波または下降ノコギリ波に変わります。対称となる値0では、完全な三角波になります。

    • サイン波: 波形の角度が変わって、ピークが左または右に寄ったノコギリのような波形になります。対称となる値0では、完全なサイン波になります。

    • 矩形波: 対称性がパルス幅コントロールのように作用します。対称となる値0では、完全な矩形波になります。

  • 「Similarity」スライダ: ランダム波形を選択した場合の偏差の量を調整します。これによって、以下のように波形が変形します:

    • ランダム: 相似性によって、連続する2つのランダム値の最大偏差が決まります。対称性を低く設定すると、次のランダム値との差が最小限に抑えられます。高く設定すると、ランダム値どうしの差が顕著になります。

  • 「Trigger」スイッチ: 受信したメッセージのMIDIノートに対するLFOの反応を指定します。

    • Free: LFOはメッセージのMIDIノートを無視します。

    • Single: すべてのノートが放されると、受信したメッセージの最初のMIDIノートによってLFOがリセットされます。

      注記:レガートに弾くとLFOがリセットされないので注意してください。

    • Multi: 受信したメッセージのMIDIノートごとにLFOがリセットされます。

  • 「Steps per LFO Cycle」(Smoothing)スライダ/フィールドLFOサイクルのステップ数を指定します。

    デフォルトでは、LFOはコントローライベントの滑らかで連続した流れを生成しますが、このパラメータを使用すると、サンプル&ホールド回路の出力のような段階的なコントローラ信号を作成できます。手動ステップレートを設定すると、ステップ数を変更せずにLFOレートを変えることができます。

    注記:矩形波またはランダム波形を選択すると、「Steps per LFO Cycle」スライダの名前が「Smoothing」に変わります。このスライダは、急勾配であることの多い矩形波またはランダム波形のスロープをなだらかにします。

  • 「Rate」ノブ: LFOサイクルの速度をヘルツ単位で設定します。または、同期ボタンがオンになっているときに拍の値を設定します。LFOレートはエンベロープによってモジュレートできます。Modulator MIDIプラグインのエンベロープを参照してください。

  • 「Sync」ボタン: LFOのレートをプロジェクトテンポに同期します。

  • 「To」ポップアップメニュー: LFOの出力先として、コンティニュアスコントローラ番号、アフタータッチ、またはピッチベンドを選択します。プラグインのパラメータを登録することもできます。

  • 「Output Level」スライダ: LFOの出力レベルを調整します。

  • 「Offset」スライダ: 出力先に合わせて出力を調整するための正または負のオフセットを設定します。

  • オシロスコープ: 調整前のLFO制御信号の形状が表示されます。

  • 「Midi Channel」ポップアップメニュー(拡張パラメータ): 左下にある開閉用三角ボタンをクリックします。MIDI出力チャンネルを選択します。

プラグインのパラメータにMIDIイベントを割り当てる

同じチャンネルストリップにあるプラグインにMIDIイベントを割り当てて送信できます。これによって、MIDI CCメッセージを使わずにパラメータを制御できます。

  1. 「To」ポップアップメニューから「Learn Plug-in Parameter」を選択します。

  2. 割り当て先のプラグインのパラメータをクリックします。

    「To」フィールドにプラグインとパラメータの名前が表示されます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?