Logic Pro X: Vintage Mellotronのコントロール

Vintage Mellotronのコントロール

Vintage Mellotronは2つのセクションに分かれています。上部のセクションでは、サウンドの選択(1つまたは2つ)、各サウンドの再生音程の設定、サウンド間のミックスの調整を行います。下部のセクションには、音源全体に適用されるグローバルコントロールがあります。

図。Vintage Mellotronのウインドウ。

Vintage Mellotronのパラメータ

  • 「Sound A」/「Sound B」ポップアップメニュー: サウンドA/Bの音源を選択します。

  • 「Sound A」/「Sound B」の「Transpose」ボタン: サウンドA/Bの音源を再生する音程をそれぞれ設定します。

    この設定は、一部のモデルのメロトロンに搭載されている1/2倍速または2倍速のテープ送り機能をシミュレートしていますが、各サウンドの音程を個別に設定できるように拡張されています。

  • 「Blend A/B」ノブ: サウンドA/Bの音源間のレベルのバランスを設定します。左または右に振り切ると、AまたはBのサウンドのみが聞こえます。

  • 「Tape Speed」ノブ: すべての音に適用されるテープ速度を設定します。実機でこの機能を使用したときに生じる音色のゆらぎが再現されます。

  • 「Tone」ノブ: 右に回すと低音が抑えられて、サウンドがより明るく、鼻にかかったような音色になります。左に回すと明るさが抑えられて、より柔らかで暖かみのある音色になります。

  • 「Volume」ノブ: Vintage Mellotronの全体的な出力レベルを設定します。

Vintage Mellotronの拡張パラメータ

拡張パラメータには、実機にはない3つの追加コントロールがあります。これらを使ってサウンドをより柔軟に調整できますが、実機とは異なった趣になります。

左下にある開閉用三角ボタンをクリックすると、拡張パラメータが表示されます。

  • 「Attack」ノブ: 信号が当初の信号レベル(サスティンレベル)に達するのに要する時間を設定します。

  • 「Release」ノブ: キーを放した後、信号がサスティンレベルから0に下がるまでにかかる時間を設定します。

  • 「Pitch Bend Range」スライダ: ピッチベンドの範囲を半音単位で設定します。このため、キーボードのピッチベンドコントローラを使ってVintage Mellotronのピッチベンドを変更できます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?