Logic Pro X: Retro Synthのフィルタ・タイプ

Retro Synthのフィルタ・タイプ

Retro Synthには複数のフィルタ・タイプがあります。

Retro Synthのフィルタ・タイプ: ローパス、バンドパス、ハイパス

ローパス(LP)フィルタは、指定したカットオフ周波数を下回る信号成分を通過させ、この周波数を上回る信号成分は減衰させます。バンドパス(BP)フィルタは、カットオフ周波数の周囲の帯域に入る信号成分を通過させ、この周波数帯を上回る信号成分と下回る信号成分は減衰させます。ハイパス(HP)フィルタは、指定したカットオフ周波数を上回る信号成分を通過させ、この周波数を下回る信号成分は減衰させます。

Retro Synthには2ポール、4ポール、マルチポールの状態変数型およびアナログ変調型のLP、BP、HPフィルタ設計が複数あり、それぞれに大きな特徴があるので、目的に合わせて選択できます。使用できるLP、BP、HPフィルタには、「Creamy」、「Edgy」、「Gritty」、「Lush」、「Lush(Fat)」、および「Sharp」のバリアントが含まれます。

  • Creamy: マルチポールの状態変数型フィルタ。

  • Edgy: 2ポールまたは4ポールのアナログ変調型フィルタ。4ポールのバリアントは、カットオフ周波数を上回る周波数を急激に減衰させます。

  • Gritty: 高いレゾナンスおよびドライブ設定で激しく飽和するよう設計されている2ポールフィルタ。

  • Lush: 4ポールのローパスアナログ変調型フィルタ。

  • Lush(Fat): 4ポールのアナログ変調型フィルタ。

  • Sharp: 2ポールのアナログ変調型フィルタ。

3つの主要なフィルタコントロールには、すべてのフィルタ・タイプに共通する標準的な機能があります。

  • Cutoff: フィルタのカットオフ周波数を制御します。

  • Res: フィルタのレゾナンス(エンファシス)を制御します。値を高く設定すると、カットオフ周波数に近接する周波数がブーストされます。

  • Drive: フィルタをオーバードライブさせます。正確な効果は各フィルタの設計によって異なります。

Retro Synthのフィルタ・タイプ: バンド阻止およびピーキング

バンド阻止フィルタはレゾナント周波数周辺の狭い帯域をカットします。残りの信号が受ける影響は最小限にとどまります。

  • Cutoff: カットする帯域の周波数を設定します。

  • Amount: 減衰の量を制御します。

ピーキングフィルタはレゾナント周波数周辺の狭い帯域をブーストします。残りの信号が受ける影響は最小限にとどまります。

  • Cutoff: ブーストする帯域の周波数を設定します。

  • Gain: ブーストの量を制御します。通常は値を大きくすると最大の効果が得られます。

  • BW: カットオフ周波数周辺の帯域幅を設定します。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?