Logic Pro X: EVOC 20 TrackOscillatorのモジュレーション

EVOC 20 TrackOscillatorのモジュレーション

このセクションのLFO制御パラメータを使うと、トラッキングオシレータのピッチをモジュレートしてビブラートを発生させたり、合成フィルタバンクの「Formant Shift」パラメータをモジュレートしたりすることができます。

図。モジュレーションパラメータ。

モジュレーションパラメータ

  • 「Shift Intensity」スライダ: LFOによる「Formant Shift」の変調強度を設定します。

  • 「Pitch Intensity」スライダ: LFOによるピッチモジュレーション(ビブラート)の量を設定します。

  • 「Waveform」ボタン: LFOで使用する波形の種類を設定します。以下のいずれかの波形を選択できます:

    • 三角波

    • ノコギリ波(上昇方向および下降方向)

    • 両極の方形波(正と負の両方に振れ、トリルに向く)

    • 単極の方形波(正の方向にのみ振れ、2つのピッチを交互に反復するトレモロに向く)

    • ランダムステップ波形(サンプル&ホールド)

    • 滑らかなランダム波形

  • LFO Rateノブ/フィールド: モジュレーションの速度を設定します。左側に回すと Logic Pro X のテンポに同期し、小節(あるいは3連符の拍)などを単位とした値が表示されます。右側に回すと非同期(自由な速度設定が可能)になり、ヘルツ単位(毎秒サイクル)で表示されるようになります。

    注記:小節値を同期して使えるため、1小節のパーカッションパートをサイクルさせて、4小節ごとにフォルマントをシフトするなどの使いかたができます。また、同じパート内で、8分音符の3連符ごとに同じフォルマントシフトを実行することもできます。いずれの方法も面白い効果が得られます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?