Logic Pro X: Expander

Expander

Expanderは、コンプレッサーと考え方が似ていますが、しきい値レベルを上回るダイナミックレンジを小さくするのではなく、大きくする点が異なります。Expanderを使うと、躍動感のある鮮明なオーディオ信号を作成できます。

図。Expanderウインドウ。

Expanderのパラメータ

  • 入力メーター:入力信号のレベルを表示します。

  • 伸張メーター:信号に加えるゲイン(伸張)の量を表示します。

  • 出力メーター:信号の全体の出力レベルを表示します。

  • 「Threshold」ノブ/フィールド: しきい値レベルを設定します。このレベルを上回る信号は伸張されます。

  • 「Ratio」ノブ/フィールド: しきい値を超えた信号を伸張させるときの伸張比率を設定します。

    注記:このExpanderは、(しきい値の下のダイナミックレンジを広げるダウンワードエクスパンダとは対照的な)正真正銘のアップワードエクスパンダであるため、「Ratio」ノブの値の範囲は1:1-0.5:1となっています。

  • 「Gain」ノブ/フィールド: ゲインの量を設定します。

  • 「Auto Gain」ボタン: オンにすると、伸張によるレベルの増加を補正します。「Auto Gain」を有効にすると、ピークレベルが同じままであっても信号の音は弱くなります。

    注記:(「Threshold」および「Ratio」の値を極端に大きくして)信号のダイナミクスを大幅に変更する場合は、「Gain」ノブのレベルを下げ、歪みを防止する必要があります。ほとんどの場合、「Auto Gain」によって信号が適正に調整されます。

  • 「Knee」ノブ/フィールド: しきい値に近いレベルでの伸張の強度を調整します。低めの値にすると、強くて急な伸張になります(ハードニー)。高めの値にすると、緩やかな伸張になります(ソフトニー)。

  • 「Attack」ノブ/フィールド: しきい値レベルを上回る信号にExpanderが作用するまでにかかる時間の長さを設定します。

  • 「Release」ノブ/フィールド: 信号がしきい値レベルを下回ってからExpanderが信号の処理を止めるまでの時間を設定します。

  • 「Output Clip」ポップアップメニュー:0 dBを超えた場合のクリッピングの有無、およびクリッピングの種類を選択します。「Soft」および「Hard」を選択すると、それに応じて0 dB付近の信号がそれぞれ変化し、信号ピークの歪みが徐々にまたは急速に軽減されます。

  • 「Peak/RMS」ボタン: 信号の分析方法に「Peak」と「RMS」のどちらを使うかを指定します。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?