Logic Pro X: EVOC 20 Filterbankの概要

EVOC 20 Filterbankの概要

EVOC 20 Filterbankは、2つのフォルマント・フィルタ・バンクでできています。入力信号は2つのフィルタバンクを並行して通過します。バンクそれぞれ最大で20の周波数帯についてのレベルフェーダーを備えているため、各帯域のレベルを独立して制御できます。レベルフェーダーを最低値に設定すると、その周波数帯でフォルマントが完全に除去されます。「Formant Shift」パラメータを使うと、フィルタ帯域の位置を調整できます。また、2つのフィルタバンク間でクロスフェードもできます。

EVOC 20 Filterbankのインターフェイスは、主に3つのセクションに分けられます: ウインドウ中央のフォルマント・フィルタ・パラメータ・セクション、下部のモジュレーション・パラメータ・セクション、右側のアウトプット・パラメータ・セクションです。

図。EVOC20 Filterbankウインドウ。主なインターフェイス領域が表示されている。

フォルマントについての基礎知識

フォルマントとは、サウンドの周波数スペクトルのピークのことです。人間の声において、フォルマントは異なる母音を聞き分けることを可能にする、重要な要素になります。人間は純粋に周波数に基づいて異なる母音を聞き分けているからです。人間の話し声や歌声のフォルマントは声道で発生し、ほとんどの母音には4つ以上のフォルマントが含まれています。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?