Logic Pro X: ES1のLFOを使用する

ES1のLFOを使用する

LFO(低周波オシレータ)は、ほかのES1パラメータのモジュレートに使用できる調整可能な周期波形を生成します。

図。「LFO」パラメータ。

「LFO」パラメータ

  • 「Wave」ノブ: LFO波形を設定します。各波形は独特な形をしており、それに応じてモジュレーションのタイプが異なります。

    • 選択できる波形には、三角波、ノコギリ波(右上がりおよび右下がり)、方形波、ランダムステップ(サンプル&ホールド波形)、レベルの変化を滑らかにしたランダムステップがあります。

    • また、「EXT」を選択して、サイドチェーン信号をモジュレーションソースとして割り当てることもできます。ES1の右上隅にある「サイドチェーン」ポップアップメニューから、サイドチェーンのソース・チャンネル・ストリップを選択します。プラグインウインドウで操作をするを参照してください。

  • 「Rate」ダイヤル/フィールド: LFO波形の発信速度(周波数)を設定します。

    • 0よりも右に設定すると、LFOの位相は同期しません。

    • 0よりも左に設定すると、LFOの位相は Logic Pro Xのテンポと同期します。

    • 0に設定すると、LFOの出力が最大レベルで一定になります。この場合、キーボードのモジュレーションホイールを使ってLFOの速度を手動で調整できます。たとえば、キーボードのモジュレーションホイールを使ってパルス幅を変更するには、LFOモジュレーションのターゲットとしてパルス幅を選択し、「Int via Whl」スライダを使ってモジュレーションの強度範囲を設定します。

  • 「Int via Whl」スライダ: 上の矢印では、モジュレーションホイールが最大値のときのLFOの強度を設定します。下の矢印では、モジュレーションホイールが0のときのLFOの強度を設定します。矢印間の距離(緑のバー)は、キーボードのモジュレーションホイールで調整できる範囲を示します。

    このバーの部分をマウスでドラッグして動かせば、2つの矢印を連動させて、すなわち間隔を一定に保ったままで調整できます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?