Logic Pro X: EVOC 20 Filterbankのフォルマントフィルタ

EVOC 20 Filterbankのフォルマントフィルタ

このセクションのパラメータを使うと、フィルタのレベルと周波数を精密に操作できます。

図。フォルマント・フィルタ・パラメータ。

フォルマント・フィルタ・パラメータ

  • 高域/低域周波数パラメータ: フィルタバンクを通過する周波数の下限と上限を設定します。それ以外の周波数成分は遮断されます。

    • 上部にある横長の青いバーの長さは周波数範囲を示します。青いバーの左右の端にある銀色のハンドルで、それぞれ高域周波数と低域周波数の値を設定します。青いバーをドラッグすると、周波数範囲の全体を移動できます。

    • 青いバーの下にある数値フィールド内をドラッグして、周波数の値を個別に調整することもできます。

  • 周波数帯フェーダー: フィルタバンクA(青いフェーダー)またはフィルタバンクB(緑色のフェーダー)の各周波数帯のレベルを設定します。フェーダーの行で横方向にドラッグする(描画する)ことにより、複雑なレベルカーブがすばやく作成できます。

  • 「Formant Shift」ノブ: 両方のフィルタバンクですべての帯域を周波数スペクトルの上または下に移動します。

    注記:「Formant Shift」を調整すると、「Resonance」値を高くしたときに異常な共振が起こる場合があります。

  • 「Bands」値フィールド: 各フィルタバンクで最大20の周波数帯の数を設定します。

  • 「lowest」ボタン: 最低のフィルタ帯域のモードをバンドパスまたはハイパスに切り替えます。バンドパスモードでは、最低帯域よりも高い周波数成分と低い周波数成分は無視されます。ハイパスモードでは、最低帯域より低いすべての周波数成分がフィルタ除去されます。

  • 「highest」ボタン: 最高のフィルタ帯域のモードをバンドパスまたはローパスに切り替えます。バンドパスモードでは、最高帯域よりも高い周波数成分と低い周波数成分は無視されます。ローパスモードでは、最高帯域より高いすべての周波数成分がフィルタ除去されます。

  • 「Resonance」ノブ: 両方のフィルタバンクの基本的な音響特性を定義します。「Resonance」を高く設定すると各帯域で中心周波数が強調され、シャープで明るくなります。低く設定すると、ソフトになります。

  • 「Boost A」および「Boost B」ノブ: フィルタバンクAまたはBの周波数帯にかかるブーストまたはカットの量を設定します。これらのノブを使うと、1つまたは複数の帯域のレベルを下げることで発生する音量低下を補正できます。「Boost A」および「Boost B」を使ってフィルタバンクのレベルを混ぜ合わせる比率を設定するときに、「Fade AB」(下記「「Fade AB」スライダ」を参照)を使うと、音色が変わるだけでレベルは変わりません。

  • 「Slope」ポップアップメニュー: 両方のフィルタバンクの全フィルタに適用するフィルタ減衰の量を選択します。「1」(1オクターブごとに6 dB)および「2」(1オクターブごとに12 dB)から選択します。「1」はサウンドがソフトになり、「2」はサウンドが明るくなります。

  • 「Fade AB」スライダ: フィルタバンクAとフィルタバンクBのクロスフェードを調整します。最も上の位置にあるときは、バンクAだけが聞こえます。最も下の位置にあるときは、バンクBだけが聞こえます。中央の位置では、両方のバンクを通過する信号が均等にミックスされます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?