Logic Pro X: Delay Designerのメインディスプレイ

Delay Designerのメインディスプレイ

メインディスプレイは、パラメータの表示と編集に使われます。表示するパラメータを選択でき、すべてのタップをすばやくズームしたり選択したりできます。

図。メインディスプレイ。重要なパラメータが表示されている。

メインディスプレイのパラメータ

  • 表示ボタン: タップディスプレイに表示する1つまたは複数のパラメータをクリックして指定します。Delay Designerのタップディスプレイを使うを参照してください。

  • 「Autozoom」ボタン: タップ表示がズームアウトされ、すべてのタップが表示されます。ディスプレイを拡大(オーバービューディスプレイで垂直方向にドラッグ)して特定のタップを表示したい場合は、「Autozoom」をオフにします。

  • オーバービューディスプレイ: 時間の範囲内にあるすべてのタップが表示されます。

  • 切り替えボタン: クリックすると、特定のタップのパラメータのオンとオフが切り替わります。切り替えるパラメータは表示ボタンで選択します。切り替えバーの左にあるラベルにはパラメータが示されています。Delay Designerのタップディスプレイを使うを参照してください。

  • タップディスプレイ: 各タップが影付きの線で表示されます。各タップには1本の明るい線(ステレオパンの場合は点)があり、パラメータの値を示しています。タップパラメータはタップディスプレイ領域で直接編集できます。タップディスプレイでパラメータを編集するを参照してください。

  • 認識バー: 各タップの識別文字が表示されます。各タップの時間軸上の位置を示すインジケータにもなっています。バーおよびタイムラインに沿って、タップの時間軸上の位置を前後に移動させることができます。タップを選択する/移動する/削除するを参照してください。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?