Logic Pro X: 「スマートテンポ」設定

「スマートテンポ」設定

これらの設定ではスマートテンポのデフォルトの動作を指定します。

図。「スマートテンポ」設定。
  • 「“プロジェクトテンポ”モード」ポップアップメニュー: プロジェクト・テンポ・モード(保持、調整、自動)を選択します。

    • プロジェクトテンポを保持: オーディオの録音時またはオーディオファイルの読み込み時に、プロジェクトのテンポが保持されます。これは、旧バージョンの「Logic Pro」での動作と同じです。

    • プロジェクトテンポを調整: 新しいリージョンのテンポがプロジェクトのテンポと異なる場合は、リージョンのテンポに合わせてプロジェクトのテンポが調整されます。

    • 自動モード: メトロノームが有効であるかどうかや、リージョンが存在するかどうかなどに応じて、保持または調整のいずれかの動作が使用されます。

“Flexとフォロー”リージョン設定のデフォルト

リージョンでFlexを有効にするか、プロジェクトのテンポに従わせるかを「Flexとフォロー」リージョンパラメータによって決定します。以下のポップアップメニューで、新規録音と読み込んだオーディオファイルでのデフォルト設定を選択できます。

  • 「新規録音の設定」ポップアップメニュー: 新しいオーディオを録音するときのスマートテンポの動作を設定します。

    • オフ: 新規録音のテンポは分析されません。

    • オン: 録音されたオーディオのテンポが分析され、テンポチェンジが検出された位置ごとにテンポマーカーが配置されます。

    • オン+小節を揃える: 録音されたオーディオのテンポが分析され、テンポチェンジが検出された小節ごとにテンポマーカーが配置されます。

    • オン+小節とビートを揃える: 録音されたオーディオのテンポが分析され、テンポチェンジが検出された拍ごとにテンポマーカーが配置されます。

  • 「新規リージョンの先頭までトリム」チェックボックス: 新しく録音したリージョンの開始位置をファイルの最初のダウンビートに自動的に設定します。

  • 「読み込んだオーディオファイルの設定」ポップアップメニュー: プロジェクトにオーディオファイルを読み込んだときのスマートテンポの動作を設定します。

    • オフ: 読み込んだオーディオファイルのテンポは分析されません。

    • オン: 読み込んだオーディオファイルのテンポが分析され、テンポチェンジが検出された位置ごとにテンポマーカーが配置されます。

    • オン+小節を揃える: 読み込んだオーディオファイルのテンポが分析され、テンポチェンジが検出された小節ごとにテンポマーカーが配置されます。

    • オン+小節とビートを揃える: 読み込んだオーディオファイルのテンポが分析され、テンポチェンジが検出された拍ごとにテンポマーカーが配置されます。

  • 「新規リージョンの先頭までトリム」チェックボックス: 読み込んだオーディオファイルの開始位置をファイルの最初のダウンビートに自動的に設定します。

オプション

以下の追加オプションでは、マルチトラックセットの作成時に対応する編集グループを作成したり、書き出すテンポ情報の分解能を選択したりできます。

  • 「スマートテンポのマルチトラックセット作成時に対応する編集グループを作成」チェックボックス: Flex使用時に、マルチトラックセットに含まれるすべてのリージョンの同期を維持できます。

  • 「書き出すテンポの分解能」ポップアップメニュー: 書き出すテンポの分解能を選択します。

    • スムージング: ビート間の急激なテンポ変化を滑らかにして書き出します。

    • ビート: スムージングせずに各ビートのテンポ情報を書き出します。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?