Logic Pro X: ES2のサラウンドモード

ES2のサラウンドモード

ES2のサラウンドインスタンスでは、プラグインウインドウ下部の拡張パラメータセクションに「Surround Range」と「Surround Diversity」の2つの追加パラメータが表示されます。

図。拡張パラメータセクション。

サラウンドパラメータ

  • Surround Range: サラウンドアングルの幅(0-360度)を設定します。つまり、このパラメータでサラウンドフィールドの幅が決まります。ルーターでターゲットに「Pan」を指定することにより、サウンドの動きをサラウンド範囲内で変化させることができます。

  • Surround Diversity: サラウンドスピーカーに対して出力信号を配分する方法を設定します。0を選択した場合、オリジナルの信号の位置に最も近いスピーカーだけに信号が送られます。ダイバシティの値を1にすると、すべてのスピーカーに同じ量の信号が分散されます。ルーター内でターゲットに「Diversity」を指定することにより、スピーカー間での信号の配分を変更できます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?