Logic Pro X: Ultrabeatのエンベロープパラメータ

Ultrabeatのエンベロープパラメータ

エンベロープのパラメータを編集するには、最初に「1-4」のボタンを使用して、4つあるエンベロープの1つを選択する必要があります。これで、エンベロープ表示ウインドウで対応するエンベロープのパラメータを編集できるようになります。

図。エンベロープ表示(エンベロープ「1-4」選択ボタン、「zoom」、「sustain」、「mod」パラメータ)。

エンベロープパラメータ

  • ボタン「1」-「4」: 4つのエンベロープの中から1つを選択します。選択したエンベロープのみを編集できます。選択したエンベロープのボタンの枠が強調表示され、選択内容を反映するようにエンベロープ表示がただちにアップデートされます。

  • アタック時間ハンドル: ドラッグして、ノートオンメッセージを受信してからエンベロープが最大値に達するまでに必要とする期間を設定します。この期間をアタックフェーズと呼びます。

  • ディケイ時間ハンドル: ドラッグして、エンベロープのアンプリチュードが最大値(アタックフェーズで設定)に達した後、0に戻るまでに必要な時間を設定します。

  • 「Zoom」スクロールフィールド: 水平方向にドラッグして、エンベロープ表示の表示内容のサイズを変更します。

  • 「Env mod」ポップアップメニュー: ベロシティによるモジュレーションターゲットを選択します(エンベロープのアタックフェーズまたはディケイフェーズの時間または形状)。「A Time」、「A Shape」、「D Time」、および「D Shape」から選択します。

  • 「Mod via vel」スライダ: ドラッグして、(「Env mod」ポップアップメニューで指定されたターゲットの)ベロシティモジュレーションの強さを設定します。

    • 「Shape」をモジュレートする場合、ベロシティの値が小さいと、エンベロープが凹形状になります。値を大きくすると、エンベロープが凸形状になります。

    • 「Time」をモジュレートする場合、ベロシティの値を大きくすると、エンベロープセグメントが短くなります。ベロシティの値を小さくすると、エンベロープセグメントが長くなります。

  • 「sustain」ボタン: オンにすると、X軸上に赤いハンドルと線が表示されます。このハンドルは、エンベロープのディケイフェーズ内で水平方向にドラッグできます。サスティンジャンクションポイントでエンベロープが到達するアンプリチュードは、MIDIノートが開放されるまで維持されます。

    注記:「sustain」ボタンがオンになっていないときは、エンベロープはワンショットモードで動作し、ノートの長さ(MIDIノートオフコマンド)は無視されます。

  • 「zoom」(サイズを合わせる)ボタン: クリックすると、エンベロープ表示の幅全体に合わせてエンベロープが拡大します。これで、ジャンクションポイントと曲線の調節が簡単になります。

    注記:「zoom」機能がオンになっている場合は、エンベロープ表示領域の右端を越えてディケイハンドルをドラッグしてディケイ時間を延長できます。マウスボタンを放すと、表示領域に適合するようにエンベロープのグラフィックサイズが自動調整されます。

  • 「zoom」の「A」/「D」ボタン: クリックすると、エンベロープ表示の幅全体にアタック(「A」)フェーズまたはディケイ(「D」)フェーズのみが表示されます。これで、エンベロープの形状を精密に(ミリ秒単位の値まで)編集できるようになります。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?