Logic Pro X: Arpeggiatorの概要

Arpeggiatorの概要

Arpeggiator MIDIプラグインは、受信するMIDIノートに基づいて、面白いアルペジオを生成します。分割機能とリモート機能によって鍵盤から手を離さずにほぼすべての機能を制御できるので、ライブ演奏での強力なツールとして役立ちます。

アルペジオとは、コードを構成するノートの連なりのことです。アルペジオでは一度にすべてのノートを弾くのではなく、1つずつノートを弾いていきます。弾く順番は、低い音から高い音へ、高い音から低い音へ、ランダムに、などさまざまです。Arpeggiatorプラグインには、切り替えのできるバリエーションや転回など数々のプリセットパターンが搭載されています。転回によってコードのルート音の位置が低い音から順に入れ替わり、アルペジオパターンの開始音が変わります。これらの機能を使えば、ライブ演奏時、またはスタジオで新しいプロジェクトを作成する際に、パターンや雰囲気をすばやく切り替えることができます。

図。Arpeggiatorウインドウ。主なインターフェイス領域が表示されている。

Arpeggiator MIDIプラグインは3つの領域に分かれています。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?