Logic Pro X: ES2のキーボードモードを設定する

ES2のキーボードモードを設定する

たとえばオルガンやピアノのように、多声(ポリフォニック)の楽器では同時に複数の音を出すことができます。旧式のアナログシンセサイザーの多くは単声(モノフォニック)であり、金管楽器やリード(有簧)楽器のように一度に1つの音しか出すことができません。とはいえ、多声楽器では真似のできない演奏方法が可能なため、多声楽器よりも不利だとは言いきれません。

キーボードモードを変更する

  • 「Poly」、「Mono」、または「Legato」ボタンをクリックします。

    図。キーボード・モード・ボタン。
    • 「Mono」モードでは、スタッカート奏法によって新しいノートが鳴るたびにエンベロープジェネレータがトリガされます。レガート奏法(キーを押さえたまま新しいキーを押す)の場合、エンベロープジェネレータがトリガされるのはレガートの最初のノートのみで、最後に押したキーを放すまで前の音が鳴ったままになります。

    • 「legato」モードもモノフォニックです。ただし、スタッカート奏法(あるキーを放してから次の音のキーを押す)の場合のみエンベロープジェネレータが再度トリガされます。レガート奏法で演奏した場合は、エンベロープが再トリガされません。

    注記:モノフォニックシンセサイザーの中には、「legato」モードに相当するものをシングルトリガ、「mono」モードに相当するものをマルチトリガと呼んでいるものもあります。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?