Logic Pro X: EVOC 20 PolySynthの概要

EVOC 20 PolySynthの概要

EVOC 20 PolySynthはボコーダーとポリフォニックシンセサイザーを組み合わせたもので、リアルタイム演奏も可能になっています。

このシンセサイザーでは、1970-1980年代にクラフトワークなどのグループが使用して有名になった、旧式のボコーダーサウンドを作ることができます。ボコーダー処理は、現在の電子音楽、ヒップホップ、R & Bなどの音楽スタイルでも人気があります。

EVOC 20 PolySynthは入力されるオーディオ信号(一般に話し声や歌声)を「聴いて」、信号の音響特性やレベル変更を内蔵シンセサイザーに重ね合わされるような形で反映します。

MIDIキーボードでノートやコードを押さえると、内蔵シンセサイザーは着信MIDIノートのピッチで「歌います」が、入力オーディオ信号のレベル変更、母音、子音などのアーティキュレーションに沿います。この結果、ボコーダーの主な用途として知られる、古典的な「歌うロボット」や「合成音声」などのサウンドが得られます。

EVOC 20 PolySynthは、シンセサイザーとしても使用できます。また、ソロ・ボーカル・パフォーマンスから比較的自然な響きのボーカルハーモニーを作り出すといったより繊細なエフェクト処理にも使用できます。ボーカルのほか、ドラムや音源ループなどのオーディオ素材を処理しても面白い結果が得られます。

EVOC 20 PolySynthを使用するには、音源チャンネルストリップの音源スロットにEVOC 20 PolySynthを挿入する必要があります。また、サイドチェーンを介して、オーディオ信号を分析オーディオソースとして加える必要があります。プラグインウインドウで操作をするを参照してください。

Logic Pro XでEVOC 20 PolySynthを設定する

  1. EVOC 20 PolySynthを音源チャンネルストリップの音源スロットに挿入します。

  2. プラグインヘッダにある「サイドチェーン」ポップアップメニューから入力ソースを選択します。ホストアプリケーションに応じて、オーディオトラック、ライブ入力、またはバスを指定できます。

    これでEVOC 20 PolySynthはMIDIデータを受信し、さらに、サイドチェーン経由で入力、オーディオトラック、またはバスに割り当てられています。プラグインウインドウで操作をするを参照してください。

  3. ホストアプリケーションで可能な場合は、必要に応じてサイドチェーン入力として使用しているオーディオトラックをミュートしたり、再生を開始したり、MIDIキーボードで演奏したりします。

  4. EVOC 20 PolySynthの音量レベルと信号を供給するサイドチェーンのソース(ミュートしていない場合)の音量レベルを調整します。

  5. さらにいろいろな音を作るには、ノブやスライダなどのコントロールを調整し、ほかのエフェクトプラグインも組み合わせます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?