Logic Pro X: Retro Synthのモジュレーションを使用する

Retro Synthのモジュレーションを使用する

Retro Synthのグライド/オートベンド、LFO、およびエンベロープは、モジュレーションジェネレータと呼ばれます。これらのモジュレーションソースを使って、オシレータのピッチやフィルタのカットオフなどのモジュレーションターゲットをコントロールします。

音量エンベロープでは、サウンドのレベルを時間と共に変化させることができます。フィルタエンベロープでは、フィルタを時間と共に変化させることができます。Retro Synthのエンベロープを参照してください。

LFOは、複数のモジュレーションターゲットのソースとして使用できます。ビブラート・モジュレーション・ソースは、オシレータのピッチを制御するためのものです。Retro SynthのLFOおよびビブラートを参照してください。

グライド(ポルタメントとも呼ばれる)とオートベンドは、オシレータのピッチを制御するときに使います。Retro Synthのグライドおよびオートベンドを参照してください。

リアルタイムのコントロールソースとして、キーボードのモジュレーションホイール、アフタータッチ、およびベロシティを使用することもできます。Retro Synthのグローバル/コントローラ設定を参照してください。

表情豊かな演奏を目指すには、すべてのモジュレーションオプションを試してみることをお勧めします。

シンセサイザーを使うのがはじめてで、LFOやエンベロープなどのモジュレーションジェネレータの概念になじみがない場合は、シンセサイザーの基礎の概要を参照してください。

図。Retro Synthのモジュレーションパラメータ。

オシレータ波形をモジュレートする

アナログ、シンク、およびウェーブテーブルのオシレータ波形の形状は、以下の手順でモジュレートできます。FMシンクエンジンでは、FMまたは倍音(あるいはその両方)の量をモジュレートできます。

  1. コントロールを「LFO」または「Filter Env」の方向に回します。中央(オフ)の位置から遠いほど、波形のモジュレーションが強くなります。

  2. 「LFO」セクション(「Vibrato」パネルが表示されている場合は「LFO」タブをクリック)および「Filter Env」セクションのコントロールを調節します。LFO/ビブラートおよびエンベロープのセクションを参照してください。

  3. LFOを使用している場合は、波形を選択します。

  4. (LFOの)「Sync」スイッチをオフにした場合:

    • 「Via Amount」スライダを波形グラフィックの右端に設定すると、モジュレーションの強さが最大になります(LFOの速度が最大)。

    • MIDIキーボードのモジュレーションホイールを動かすとLFOの速度が変化します。キーボードのモジュレーションホイールを使いたくない場合は、「Via」ポップアップメニューをクリックして別のMIDIコントローラを割り当てます。

  5. フィルタエンベロープを使用している場合は、ハンドルをドラッグして、アタック、ディケイ、サスティン、およびリリースの値を設定します。「Vel」スライダをドラッグして、ベロシティによるエンベロープモジュレーションの最大量を設定します。

ビブラートを使用してオシレータのピッチをモジュレートする

  1. 「Vibrato」ノブを回して、ビブラート(ピッチモジュレーション)の量を設定します。

  2. 「LFO」パネルが表示されている場合は、「Vibrato」タブをクリックします。

  3. ビブラートの波形を選択します。

  4. 「Sync」スイッチをオフにした場合は、「Rate」のハンドルをドラッグしてビブラートの速度を設定します。「Sync」スイッチをオンにした場合は、ビブラートの速度は Logic Pro X のテンポによって制御されます。LFOおよびビブラートのセクションを参照してください。

  5. (ビブラートの)「Sync」スイッチをオフにした場合:

    • 「Via Amount」スライダを波形グラフィックの右端に設定すると、モジュレーションの強さが最大になります(ビブラートの速度が最大)。

    • MIDIキーボードのモジュレーションホイールを動かすとビブラートの速度が変化します。キーボードのモジュレーションホイールを使いたくない場合は、「Via」ポップアップメニューをクリックして別のMIDIコントローラを割り当てます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?