Logic Pro X: Sculptureのモーフ・エンベロープ・パラメータ

Sculptureのモーフ・エンベロープ・パラメータ

このセクションでは、モーフエンベロープのパラメータについて説明します。

図。モーフエンベロープのパラメータ。

モーフエンベロープのパラメータ

  • 記録ボタン: エンベロープの記録を準備します。Sculptureのモーフエンベロープを記録するを参照してください。

  • 「Trigger Mode」ポップアップメニュー記録をトリガするイベントのタイプを選択します。

  • 「Mode」ボタン: モーフエンベロープをオンにします。Sculptureのモーフ・エンベロープ・モードを参照してください。

  • 「Pad Mode」ポップアップメニュー: モーフエンベロープのモードを選択します。

  • 「Time Scale」フィールド: エンベロープ全体の継続時間を10 %(10倍速くする)と1000 %(10倍遅くする)の間でサイズを調整します。また、こうするとエンベロープカーブが短く(高速にした場合)なったり長く(低速にした場合)なったりするので、表示されるエンベロープカーブの外観が変化します。

  • 「Sustain Mode」ポップアップメニュー: ノートがホールドされている状態でのモーフエンベロープの動作を選択します。メニュー項目には「Sustain」モード、「Finish」モード、3つのループモード(「Loop Forward」、「Loop Backward」、「Loop Alternate」)、「Scan via CtrlB」があります。Sculptureのモーフエンベロープのサスティンモード/ループモードを参照してください。

  • 「sync/ms」ボタン: 8分音符や4分音符などのノート値に従ってテンポと同期するエンベロープか、自由進行のエンベロープ(セグメント時間はミリ秒単位で表示)を選択します。

    注記:値を切り替えると、現在のプロジェクトテンポに基づいて強制的に時間が再計算されて、最も近い音価またはミリ秒単位での時間に換算されます。

  • 「Depth」ノブ: モーフエンベロープによって生じるモーフの動作量のサイズを調整します。「Depth」パラメータの効果は「Morph」パッドに視覚的に表示されます。値を増減すると、それに合わせてモーフの経路のサイズも調整されます。

  • 「Modulation」ノブ: モーフエンベロープの動作サイズを調整します。

  • モジュレーションの「Source」ポップアップメニュー: モーフエンベロープの動作サイズを調整するために使用するモジュレーションソースを選択します。

  • 「Transition」ノブ: モーフポイント間の遷移を制御します。オリジナルの動き(場合によっては記録された動き)から直線的に遷移させたり、ステップ状に遷移させたりできます。後者の場合には、1つのモーフ状態を維持した後、直後のエンベロープポイントで別のモーフ状態に急峻に切り替わります。このパラメータ(およびモーフエンベロープ自体)により、持続的に変化する面白いサウンドや、場合によってはリズミックなパッチを作成できます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?