Logic Pro X: ES2の内蔵エフェクトプロセッサ

ES2の内蔵エフェクトプロセッサ

ES2には、エフェクト処理機能も組み込まれています。これらのエフェクトのパラメータを変更すると、各サウンド設定とともに変更内容が保存されます。

図。ディストーションの各種パラメータ、およびコーラス、フランジャー、フェイザーエフェクトで共有される「Intensity」コントロールと「Speed」コントロールが表示された、エフェクト処理セクション。

同時に有効にできるエフェクトは、2つだけです。

  • Distortion

  • 「Chorus」、「Flanger」、「Phaser」のいずれか。これらのエフェクトには、共通の制御ノブである「Intensity」と「Speed」があります。

    コーラスエフェクトはディレイラインに基づいており、出力信号を原音(ドライ)信号とミックスして効果を得ています。短めのディレイ時間で、その時間を周期的にモジュレートすることにより、独特のうねり感が生じます。原音信号のピッチと、モジュレーションによってディレイ時間が変化した音がミックスされ、コーラスエフェクトが得られます。

    フランジャーも動作の原理はコーラスに似ているのですが、ディレイ時間がより短くなっています。また、ディレイのかかった信号を再び入力側にフィードバックさせることによって、その効果を強調しています。このようなフィードバックをかけた結果、周期的に倍音構成(音質)が微妙に変化して、独特の「金属的な」音が得られます。

    フェイザーもディレイ信号と原音信号をミックスするという点では同じです。ディレイ成分は、周波数に応じて信号にディレイを適用するオールパスフィルタによって得られます。これは位相角度として表されます。このエフェクトは、レゾナンスを使うフランジャーと違い、不協和音部分を強調する多段のコムフィルタを利用しており、これによって倍音構成(音質)が周期的に変化します。

ディストーションパラメータ

  • 「Soft」ボタン: DistortionエフェクトのSoftモードを有効にします。この設定にすると、息の吹き込みが強すぎた管楽器のような音になります。

  • 「Hard」ボタン: DistortionエフェクトのHardモードを有効にします。この設定にすると、完全にトランジスタ化されたファズボックスのような音になります。

  • 「Distortion」ノブ: ディストーション量を設定します。このノブを0の位置まで回すと、エフェクトが無効になります。

  • 「Tone」ノブ: ディストーション信号の高音域部分を調整します。

コーラス、フランジャー、フェイザーのパラメータ

  • 「Chorus」がオンの場合:

    • 「Intensity」ノブ: エフェクトの深さ(モジュレーションの豊かさ)を調整します。このノブを0の位置まで回すと、エフェクトがオフになります。

    • 「Speed」ノブ: モジュレーションの速度を設定します。

  • 「Flanger」がオンの場合:

    • 「Intensity」ノブ: ノブを回して、エフェクトの深さ(モジュレーションの鋭さ)を調整します。このノブを0の位置まで回すと、エフェクトがオフになります。

    • 「Speed」ノブ: ノブを回して、モジュレーションの速度を設定します。

  • 「Phaser」がオンの場合:

    • 「Intensity」ノブ: ノブを回して、「スイープ」エフェクトの深さ(モジュレーションの幅)を調整します。このノブを0の位置まで回すと、エフェクトがオフになります。

    • 「Speed」ノブ: ノブを回して、モジュレーションの速度を設定します。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?