Logic Pro X: Guitar Amp Proのエフェクト

Guitar Amp Proのエフェクト

エフェクトパラメータにはトレモロ、ビブラート、リバーブがあり、多くのアンプに見られるプロセッサをエミュレートしています。

ポップアップメニューを使って、トレモロ(サウンドの振幅または音量をモジュレート)またはビブラート(ピッチをモジュレート)のどちらか一方を選択できます。

リバーブはトレモロまたはビブラートエフェクトのいずれかに追加することも、単独で使うこともできます。

エフェクトを使用または調整するには、まず対応する左側のオンボタンをクリックしてオンにする必要があります。オンにすると、オンボタンは赤くなります。

注記:信号経路内では、「Presence」および「Master」コントロールよりも前に位置するエフェクトセクションが、プリアンプされた(マスター前)信号を受け取ります。

トレモロおよびビブラートのパラメータ

  • オン/オフボタン: トレモロまたはビブラートエフェクトのオン/オフを切り替えます。

  • 「FX」ポップアップメニュー: トレモロまたはビブラートのどちらかを選択します。

  • 「Depth」ノブ: モジュレーションの強さを設定します。

  • 「Speed」ノブ: モジュレーションの速度をヘルツ単位で設定します。低めに設定にすると滑らかで浮遊感のあるサウンドになり、高めに設定にすると回転翼の音のような効果を生み出します。

  • 「Sync」ボタン: オンにすると、モジュレーションの速度がプロジェクトのテンポと同期します。「Speed」ノブを調整して、小節、拍、および音符の値(3連符や付点音符も含まれます)を選択できます。「Sync」ボタンがオフになっている場合は、「Speed」ノブでモジュレーションの速度の値を設定できます。

「Reverb」パラメータ

  • オン/オフボタン: リバーブエフェクトのオン/オフを切り替えます。

  • 「Reverb」ポップアップメニュー: 3種類のスプリングリバーブから1つを選択します。

  • 「Level」ノブ: 回して、プリアンプ処理されたアンプ信号にかけるリバーブの量を設定します。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?