Logic Pro X: クラシック・アメリカン・コンボ

クラシック・アメリカン・コンボ

Blackface、Brownface、Silverfaceの各モデルは、1960年代中期のアメリカンコンボに着想を得ています。ラウドでクリーンな音になる傾向があります。ローエンドがタイトで、歪みは抑えられています。クリーントーンのロック、クラシックなR & B、サーフミュージック、トゥワンギーなカントリー、ジャズなど、音をはっきりとさせる必要のあるスタイルに適しています。

モデル

説明

Large Blackface Combo

優しく、バランスの良いトーンの4 × 10インチコンボです。ロック、サーフ、R&Bの演奏者に好まれました。リバーブが飽和したゴージャスなコードや、非常に派手なソロに適しています。

Silverface Combo

ラウドでクリーンなトーンの2 × 12インチコンボです。パーカッシブで歯切れの良いアタックは、ファンクやR&B、複雑なコードワークに適しています。オーバードライブをかけるとクランチになりますが、ほとんどの演奏者はクリーンなトーンを好みます。

Mini Blackface Combo

適度にローエンドのインパクトが感じられる、明るく開放的な響きの1 × 10インチコンボです。わずかにオーバードライブ気味のクリーンなトーンを得意とします。

Small Brownface Combo

滑らかで豊かな響きの1 × 12インチコンボです。細部のレベルは正確さが保たれています。

Blues Blaster Combo

トップエンドは明るく、ローエンドはタイトで明確な1 × 15インチコンボです。ブルースやロックの演奏者に好まれています。

ヒント:これらのアンプを使うとクリーンでタイトな音になりがちですが、Pedalboardのディストーションストンプボックスを使えば、トレブルは鋭くローエンドは非常に力強い、鮮明なクランチサウンドを作り出すことができます。Pedalboardのディストーションペダルを参照してください。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?