Logic Pro X: Retro Synth Analogのオシレータコントロール

Retro Synth Analogのオシレータコントロール

シンセサイザーオシレータは、1つ以上の波形を生成する場合に使用されます。波形を選択して基本的な音色を決め、ピッチを調節した後、オシレータ間の相対レベルを設定します。その後、一方(または両方)のオシレータの信号は、シンセサイザーエンジン内の加工、処理、操作用セクションに送信されます。フィルタコントロールアンプ/エフェクトコントロール, モジュレーション、およびグローバル/コントローラ設定のセクションを参照してください。

アナログのシンセサイザーサウンドは、一般に、暖かみのある豊かなトーンが特徴です。この合成手法を使用して、弦楽器サウンドやパッドサウンド、合成金管楽器、ベース、パーカッションなどのさまざまな音色を作成できます。

図。Retro Synth Analogのオシレータパラメータ。

Analogのオシレータパラメータ

  • 「Shape 1/Shape 2」ノブ: 各オシレータで生成する波形の種類を選択します。波形により、基本的な音色が決まります。標準的な波形(ノイズ波、矩形波、ノコギリ波、三角波)を選択できます。

  • 「Shape Modulation」ノブ: 波形のシェイプモジュレーションのソースを選択し、モジュレーションの強さを設定します。中心(オフ)に設定すると、すべての波形のシェイプモジュレーションとLFOエンベロープまたはフィルタエンベロープが無効になります。

  • 「Vibrato」ノブ: ビブラート(ピッチモジュレーション)の量を設定します。

  • 「Semitones」ノブ: オシレータ2のピッチを±2オクターブの範囲で半音単位で設定します。

  • 「Cents」ノブ: オシレータ2の周波数をセント単位で微調整します(1セントは半音の100分の1です)。

  • 「Mix」スライダ: 2つのオシレータ(「Shape 1」と「Shape 2」)間のクロスフェード(相対レベル)を設定します。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?